カラーの選択

Affinity Photoでは、写真の編集やデザインを行うためのカラーの選択方法を複数提供しています。

カラーの選択について

編集やデザインを効率的に行うために不可欠な要件は、簡単かつ直観的にカラーにアクセスできることです。カラーの選択にはそれぞれに適切な方法があるので、Affinity Photoでは、次のような選択肢を提供しています。

カラーパネルの使用

カラーパネルでは、ほんの数回のクリックで、カラーをツールに設定(またはベクトルコンテンツに適用)できます。不透明度とノイズを追加のカラー属性として適用できます。カラーは、スウォッチパネルのパレットに保存できます。

カラーを(デフォルトのHSLカラーホイールを使用して)選択するには:
  1. パネル左上のプライマリまたはセカンダリスウォッチをクリックします。
  2. 外側のリングで色相カラーをクリックします。
  3. 内側の三角形内をクリックして、彩度と明るさの組み合わせを設定します。

関連するスウォッチが、選択したカラーに更新されます。

スウォッチセレクター間でカラーを切り替えるには:
不透明度またはノイズの設定を調整するには:
  1. パネルの左下にある切り替えボタンを選択します。
  2. スライダーをドラッグして値を設定します。
パネル環境設定 別のカラーモデルを使用するには:
  1. [パネル環境設定]メニューをクリックし、メニューから[スライダー]を選択します。
  2. パネルの右上に表示されている現在のカラーモード(RGBなど)をクリックして、ポップアップメニューを表示します。
  3. メニューから別のカラーモデルを選択します。
パネル環境設定 カラーの色合いを適用するには:
  1. [パネル環境設定]メニューをクリックし、メニューから[色合い]を選択します。
  2. スライダーを左右にドラッグすると、カラーの色付けがそれぞれ増加または減少します。
パネル環境設定 別のカラーモードを使用するには:
パネル環境設定 カラーをスウォッチパネルに保存するには:

[パネル環境設定]メニューをクリックし、次のいずれかを選択します。

スウォッチパネルの使用

スウォッチパネルでは、さまざまなカテゴリから選択できるカラースウォッチのプリセットが提供されます。プリセットとして、グレー、単色、またはグラデーションカラーを簡単に適用できます。

カラースウォッチを使用するには:

次のいずれかを行います。

カラー選択の使用

カラー選択を使用すると、Affinity Photoの内外でカラーをサンプリングし、そのカラーをプロジェクトで使用できます。

カラー選択 カラー選択を使用するには:
  1. [カラー選択]アイコンをサンプリングしたいカラーの場所までドラッグします。
  2. カラーの適用先となるスウォッチセレクターをクリックします。
  3. [カラー選択]の横にあるスウォッチをクリックして、カラーを適用します。

コンテキストツールバーの使用(ベクトルコンテンツのみ):

すばやくアクセスできるように、塗りつぶしと境界線のスウォッチは、どのベクトルコンテンツが選択されていても、そのコンテキストツールバーから使用できます。

塗りつぶしまたは境界線のカラーをベクトルコンテンツに適用するには:
  1. オブジェクトを選択します。
  2. コンテキストツールバーから、「境界線」または「塗りつぶし」のどちらかのスウォッチをクリックします。
  3. フライアウトで、[スウォッチ][カラー]、または[グラデーション]ペインからカラーを選択します。

[編集]メニューの使用

[編集]メニューを使用すると、ピクセルレイヤー、ベクトルレイヤー、または選択したレイヤーコンテンツでカラー塗りつぶしを簡単に適用または編集できます。

選択したコンテンツに塗りつぶしを適用するには:
  1. [編集]メニューの[塗りつぶし]をクリックします。
  2. ダイアログから次のいずれかを選択します。
    • [カスタムカラー]—ポップアップ表示されるHSLカラーホイールを使用して付近のスウォッチからカラーを選択します。
    • [プライマリカラー]—カラーパネルで現在設定されているプライマリカラーを使用します。
    • [セカンダリカラー]—カラーパネルで現在設定されているセカンダリカラーを使用します。
    • [インペインティング]—選択範囲で破損、消失、劣化した領域または不要として除去した領域を復元します。
    • [履歴]—選択範囲を以前の履歴の状態や保存されたスナップショットに復元します。
  3. (省略可能)[不透明度]を小さくして塗りつぶし強度を制限します。
  4. [適用]をクリックします。

グラデーションの使用

グラデーションツールを使用して、独自のグラデーションパスを、ピクセルレイヤーまたはベクトルコンテンツの塗りつぶしに適用できます。単色およびビットマップの塗りつぶしを適用することもできます。ツールのコンテキストツールバーを使用すると、グラデーションを放射状、楕円形、または円錐形に変更できます。

グラデーションツール グラデーションツールを使用するには:
  1. ピクセルレイヤーまたはベクトルレイヤーを選択します。
  2. [ツール]パネルから、[グラデーション]ツールを選択します。
  3. コンテキストツールバーの[タイプ]ポップアップメニューから塗りつぶしタイプを選択します。
  4. コンテンツ上でカーソルをドラッグします。

    を押したままにすると、グラデーションパスの角度が45°に制限されます。

PANTONE®カラーへのアクセス

メインのスウォッチパネルから、PANTONE®カラーパレットを利用できます。シェイプ、ライン、またはストロークが選択されている場合は、コンテキストツールバーのポップアップスウォッチパネルから利用することもできます。

PANTONE®カラーにアクセスするには:
  1. [スウォッチ]パネル(またはポップアップスウォッチパネル)で、カテゴリのポップアップメニューから、適切なPANTONEパレットを選択します。
  2. PANTONE®カラーの名前と番号を表示するには、[スウォッチ]パネルの[パネル環境設定]メニューで[外観]>[リストとして表示]を選択します。

レジストレーションカラー

PDFにプリントする場合、プリンタマークを含めることができます。その中には、レジストレーション用の黒(100%C:100%M:100%Y:100%K)を割り当てられたレジストレーションマークがあります。しかし、このレジストレーションカラーをスウォッチとして追加して、ページ上のオブジェクトに割り当て、ページ上のレジストレーションマークを作成することができます。

レジストレーションカラーをスウォッチとして追加するには:

その後、ページ上のオブジェクトにスウォッチを適用できます。

関連項目: