スウォッチパネル(写真ペルソナのみ)

スウォッチパネルによって簡単に、あらかじめ定義されたカラーを使用することができます。また、独自に選定したカラーを定義、保存、および再使用することもできます。

スウォッチパネルについて

スウォッチパネルには、最近使用したカラーが格納されます。また、あらかじめ定義されたさまざまなパレットにアクセスすることもできます。各パレットには単色またはグラデーションの塗りつぶしスウォッチが含まれています。これらを選択して、さまざまなツールで使用したり、オブジェクトに直接適用したりすることができます。独自のスウォッチを、ドキュメント用、アプリケーション用、またはシステム全体用のカスタムカラーパレットとして作成し保存することもできます。また、他のユーザーが書き出したAffinity .afpaletteや、Adobe Swatch Exchange(ASE)パレットをインポートすることもできます。

さまざまなパレットにアクセスできるだけでなく、ベクトルコンテンツ用のグローバルカラー、スポットカラー、およびオーバープリントカラーを作成することもできます。レジストレーションカラーをカスタマイズすることもできます。

このパネルは、入力した説明と一致する名前付きのスウォッチのみを表示するための検索機能を備えています。

スウォッチパネル

スウォッチパネル:(A)プライマリ/セカンダリカラーセレクター(「なし」のカラースウォッチと「入れ換え」矢印が付随)、(B)カラー選択ツールと選択されたカラースウォッチ、(C)カテゴリリスト、(D)カテゴリカラーパレットスウォッチ、(E)検索、(F)パネル環境設定、(G)不透明度コントロール、(H)最近使用したカラー、(I)なし、黒、ミッドグレー、白のスウォッチ、(J)現在のカラーをグローバルカラーとしてパレットに追加、(K)現在の塗りつぶしをパレットに追加、(L)レジストレーションカラー、(M)グローバルカラー、(N)オーバープリントカラー、(O)スポットカラー

スウォッチのサムネイル

本格的なカラースウォッチをする識別するマーク:(A)グローバル、(B)オーバープリント、(C)スポット

2つのカラーセレクターのうち、アクティブなカラーセレクターが前面に表示されます。新しいカラーを選択すると、アクティブなカラーセレクターに適用されます。

ベクトルシェイプ、ライン、およびテキストでは、カラーセレクターがプライマリ、セカンダリのカラー用ではなく、それぞれストローク、塗りつぶし用のカラーになっています。

スウォッチパネルには、なし、黒、ミッドグレー、白のスウォッチ、最近使用したカラー、および不透明度コントロールも表示されます。スウォッチはカテゴリ別でカラーパレット内に整理されます。

パレットの操作

最近使用したカラー10色が、暫定として自動的にパネルに追加されます。いずれかのパレットの中で最も頻繁に使用するカスタムのカラーやグラデーションを永続的に保存したり、それらを収容するカスタムのパレットを作成したりすることができます。

Affinity Photoには次のタイプのパレットが存在します。

カスタムカラーパレットの保存と削除

パネル環境設定 新しいパレットを作成するには:
現在の塗りつぶしをパレットに追加 カラーまたはグラデーションをパレットに保存するには:
  1. [スウォッチ]パネルで、パレットのポップアップメニューからパレットを選択します。
  2. 次のいずれかを行います。
    • を押しながらオブジェクトをクリックし、ポップアップメニューから[見本に追加]をクリックして、塗りつぶし、ストローク、またはその両方から選択してカラーを追加します。
    • [現在のカラーをパレットに追加]を選択します。
保存したスウォッチを編集するには:
保存したスウォッチを削除するには:

ドキュメントからパレットを生成する方法

ドキュメント全体で使用されているカラーからパレットを生成できます。

パネル環境設定 ドキュメントからパレットを生成するには:

現在ドキュメント内にあるすべてのカラーを使用して、新しいパレットが作成されます(ドキュメントの名前から命名されます)。

画像からパレットを生成する方法

サポート対象の任意の画像ファイルからカラーパレットを生成できます。

パネル環境設定 画像からパレットを生成するには:

カスタムパレットの共有

他のAffinity Photoユーザーが使用できるように、カスタムカラーパレットを共有することもできます。

パネル環境設定 カラーパレットを書き出しするには:
  1. パレットのポップアップメニューから、書き出しするパレットを選択します。
  2. [パネル環境設定]をクリックして、メニューから[パレットの書き出し]を選択します。
  3. 書き出し後のファイルの名前を入力し、保存先のディスクの場所を選択して、[保存]をクリックします。
パネル環境設定 カラーパレットをインポートするには:
  1. [パネル環境設定]をクリックして、メニューから[パレットのインポート]を選択します。
  2. インポートするファイルを探し、[開く]をクリックします。
  3. (省略可能) インポート中のパレットが既存のパレットと同じ名前の場合、ダイアログで適切な処理を選択します。

新しくインポートしたパレットが、パレットのポップアップメニューで選択できるようになります。

デフォルトパレットの設定

特定のカラーフォーマットで使用するデフォルトとして任意のパレットを設定できます。たとえば、RGB/8ドキュメントが、CMYK/8ドキュメントとは別のデフォルトパレットを持つように設定することができます。

パネル環境設定 デフォルトパレットを設定するには:
  1. [スウォッチ]パネルで、パレットのポップアップメニューからパレットを選択します。
  2. [パネル環境設定]をクリックし、ポップアップメニューの[デフォルトとして設定]からカラーフォーマットを選択します。

関連項目: