カラーパネル(写真ペルソナのみ)

[カラー]パネルは、さまざまなブラシツールで使用するカラーの選択や、ベクトルシェイプ、ライン、およびテキストのストロークや塗りつぶしへのカラーの適用に使用します。

カラーパネルについて

カラーパネルは、複数のカラーモード(RGB、RGB Hex、HSL、CMYK、LAB、グレースケール)での動作が可能であり、スライダー、カラーホイール(HSLのみ)、またはカラーボックスの使用など、さまざまなカラーオプション提示の手段を備えています。このパネル内から、カラーの色付けを適用することもできます。

カラーパネル

カラーパネル(RGBスライダー):(A)プライマリ/セカンダリカラーセレクター(カラー「なし」スウォッチ、「入れ換え」矢印あり)、(B)RGBスライダー、(C)RGBスペクトル、(D)不透明度/ノイズ切り替え、(E)パネル環境設定、(F)カラーモデル選択、(G)カラー選択ツールと選択されたカラースウォッチ、(H)不透明度コントロール、(I)ノイズコントロール

2つのカラーセレクターのうち、アクティブなカラーセレクターが前面に表示されます。新しいカラーを選択すると、アクティブなカラーセレクターに適用されます。

ベクトルシェイプ、ライン、およびテキストでは、カラーセレクターがプライマリ、セカンダリのカラー用ではなく、それぞれストローク、塗りつぶし用のカラーになっています。

カラーパネルの使用

カラーパネルでは、ツールで使用するカラーをほんの数回のクリックで設定できます。不透明度とノイズを追加のカラー属性として適用できます。

セレクターのカラーを設定するには:
  1. カラーの適用先となるセレクターをクリックします。2つのカラーセレクターのうち、クリックしたほうが前面に表示されます。
  2. 次のいずれかを行います。
    • カラーモデルの[スライダー][ホイール](HSLのみ)、または[ボックス]からカラーを選択します。
    • 選択したカラースウォッチをクリックします。
    • [なし]のスウォッチをクリックすると、カラーは完全な透明になります(ツール、塗りつぶし、またはストロークの場合)。
セレクター間でカラーを切り替えるには:
不透明度またはノイズの設定を調整するには:
  1. パネルの左下にある不透明度/ノイズの切り替えボタンを選択します。
  2. スライダーをドラッグして値を設定します。

カラー選択設定とカラーモデル

パネル環境設定 カラーパネルでカラーを選択するとき、さまざまなカラー選択設定とカラーモデルの値を選択できます。カラー選択設定は、パネル環境設定メニューで変更できます。

選択したカラーモデルによっては、[8ビット][16ビット]、または[パーセント]モードでの作業を選択することもできます。

いくつかの選択方法では、RGB以外の値を使用してカラーを設定できます。この操作により、ドキュメントの作業用カラープロファイルは変更されませんが、カラーの入力値は変更されます。

パネル環境設定 パネル環境設定メニューから、次のカラー選択設定を使用できます。

ロック/ロック解除 カラーパネルでは、選択した任意のオブジェクトに対してオブジェクト作成時のカラーモードが記憶されます。そうしないで、[スライダー](CMYKスライダーなど)を使用してモードが変更されないようにすることもできます。この機能は、スウォッチを使用したり別のカラーモードで作成された別のオブジェクトを選択した後で、モードが誤って切り替わるの防ぎます。このロックは現在のセッションでのみ有効で、後続のセッションではHSLカラーホイールがデフォルトとして使用されます。

カラー選択の使用

カラー選択を使用すると、Affinity Photoの内外でカラーをサンプリングしたうえでそのカラーをデザインで使用できます。

カラー選択 カラー選択を使用するには:
  1. [カラー選択]アイコンをサンプリングしたいカラーの場所までドラッグします。
  2. カラーの適用先となる、カラーまたはスウォッチパネル内のセレクターをクリックします。
  3. [カラー選択]の横にあるスウォッチをクリックして、カラーを適用します。

後で使用するための選択カラーの保存

カラーを選択してツールまたはコンテンツに適用した後は、このカラーを後で使用するために保存する方法がいくつかあります。

パネル環境設定 パネル環境設定メニューから次のオプションを使用できます。

関連項目: