現像ペルソナを使用したRAW画像の現像

現像ペルソナは、デジタルカメラを使用して撮影したRAW画像の処理に使用する専用の環境です。

現像ペルソナでの作業

サポートされているRAWファイル形式をAffinity Photoで開くと、自動的に現像ペルソナに表示されます。その後、専用の調整、パネル、およびツールを使用して画像を処理できます。

現像ペルソナでは、次の機能にアクセスできます。

画像または選択したピクセルレイヤーについて作業を行っているときは、いつでも現像ペルソナに切り替えて、現像ペルソナ特有の機能を利用することができます。

分割表示オプション

現像ペルソナには、さまざまな分割表示オプションが用意されています。これにより、処理した画像と元のRAWデータを比較するように表示することができます。

同期

調整の適用中に、「前」と「後」のビューを更新して、適用した変更をさらに集中的に表すことができます。

クリッピングの表示

画像内の露出のレベルが不適切な場合、表示できる強度の範囲外にピクセルが「出る」ことがあります。その結果、シャドウ、ハイライト、または中間調の領域のディテールが失われます。これをクリッピングと呼びます。

現像ペルソナでは、画像上で直接、クリップされたシャドウクリップされたハイライト、またはクリップされた色調を表示することができます。これによって、補正の必要な領域を特定できるだけでなく、クリッピングが生じるような過度の変更を防ぐことができます。現像ペルソナは、別の写真を編集する場合でも、前回使用したときのオプションの選択を記憶しています。

現像ペルソナ 現像ペルソナで作業するには:
  1. 次のいずれかを行います。
    • RAW画像を開きます。現像ペルソナによってデータの分析と前処理が行われ、編集できるようになります。*
    • ピクセルレイヤーを選択し、ペルソナツールバーから[現像ペルソナ]をクリックします。
  2. 適切な表示モードを有効にします。
  3. さまざまなパネルオプションとツールを使用して、画像を調整します。
  4. (省略可能) 適用したビュー内の設定を同期して、上記の手順を繰り返します。
  5. コンテキストツールバーで、[現像]を選択します。

    「なし」または「後」のビューに表示されているとおり、写真またはレイヤーにすべての設定が採用されます。「前」のビューは比較の目的にのみ使用します。

標準の表示モード 分割表示モード ミラー表示モード 表示モードを有効にするには:

ツールバーで、次のいずれかを行います。

前を同期 後を同期 スワップ 表示モードで適用した設定を同期するには:

ツールバーで、次のいずれかを行います。

クリップされたハイライトを表示 クリップされたシャドウを表示 クリップされた中間調を表示 クリッピングを表示するには:

ツールバーで、次のいずれかを行います。

反時計回りに回転時計回りに回転RAW画像を回転するには:

ツールバーで、次のいずれかを行います。

アシスタントオプション 現像の初期設定を変更するには:

ツールバーで、次の操作を行います。

  1. [現像アシスタント]をクリックして、設定ダイアログを開きます。
  2. 次の設定から選択します。
    • RAWエンジン:使用するRAW処理エンジンを選択できます。Affinity独自のSerif LabsエンジンまたはAppleのCore Image RAWエンジンを選択できます。
    • レンズ補正:サポートされているカメラのレンズプロファイルに対する自動レンズ補正の有効/無効を設定します。レンズプロファイルはアプリと一緒にインストールされます。カメラが組み込まれていない場合は(新しいモデルなど)、[環境設定]>[一般]を使用してデータベースにプロファイル(ダウンロードしたxmlファイル)を追加して組み込むことができます。
    • ノイズ軽減:自動的なカラーノイズの軽減またはカラーおよび輝度ノイズの軽減を有効にするか、最初のノイズ軽減をすべて無効にします。大部分のカメラのRAW画像には、カラーのノイズ軽減を使用することをお勧めします。
    • [RAW出力形式]:RAW画像を現像するときの出力形式として、[RGB(16ビット)]または[RGB(32ビットHDR)]を選択します。[RGB(32ビットHDR)]を選択すると、最初のRAW現像からフルの32ビット浮動小数点数環境を確保でき、高い精度での書き出しを利用できます。
    • [トーンカーブ]:デフォルトの[トーンカーブを適用]オプションが有効になっている場合、RAW画像は推奨のトーンカーブを使用して調整されます。[何もしない]オプションの場合は、階調補正を行いません。画像は後から[基本]パネル内で変更できます。
    • [アシスタントが処理を行うときにアラート]:オンになっている場合、RAW画像の読み込み時にポップアップメッセージが表示され、調整が自動的に適用されたことが示されます。
    • [露出バイアス]:露出バイアス値がRAW画像のEXIFデータに保存されている場合、それを適用するかどうかを選択します。ヒストグラムの引き伸ばしと同様に、「デフォルト」も「初期状態」も同じ結果になりますが、レポートではそれぞれゼロ値または実際の値が表示されます。[何もしない]オプションの場合、露出バイアス値は無視されます。
    • [デフォルト地域のマッピング]:RAW画像のEXIFデータにGPSの位置データが含まれていない場合、[場所]パネルに表示する地域を設定します。

関連項目: