レイヤーを作成する

Affinity Designerでは、レイヤーパネルを使用して、レイヤーの作成と管理を行うことができます。

レイヤーパネルでは、ベクトルレイヤーとピクセルレイヤーの両方を作成できます。このパネルを使用すると、デザイン内にオブジェクトやピクセルを配置できます。「積み重ねられた」複数のレイヤーにより、レイヤーオブジェクトまたはピクセルが、論理的かつ順序付きの管理された方法で提示されます。

また、現在選択されているレイヤーの子レイヤーとして、サブレイヤーを作成できます。サブレイヤーは、関連オブジェクトを親レイヤーの下位にあるサブレイヤーに保存することでオブジェクト管理が促進されるような、複数のオブジェクトを持つ複雑なデザインで使用します。また、調整やエフェクトの適用範囲をレイヤー全体ではなく、サブレイヤーのみに制限するためにも使用します。

レイヤーとサブレイヤーは、現在選択されているレイヤーの上位と内部にそれぞれ作成されます。

ベクトルレイヤーだけでなく、ピクセルベースのツールを使用してピクセルレイヤーを作成することもできます。一部のツールやエフェクトは、ピクセルレイヤーのみに適用できます。多くの場合、使用しているツールまたはアシスタントマネージャー(該当するオプションがオンの場合)により、レイヤーは自動的に作成されます。

レイヤーの追加 新規レイヤーを作成するには:

レイヤーは、レイヤースタックの一番上に配置されます。

サブレイヤーを作成するには:
レイヤーの追加 新規ピクセルレイヤーを作成するには:

レイヤーは、選択されているレイヤーのすぐ上に配置されます。レイヤーが選択されていない場合は、レイヤースタックの一番上に配置されます。

関連項目: