レイヤーマスキング

レイヤマスクは、レイヤの一部分を表示しつつレイヤの残り部分を非表示にするために使用します。つまり、マスクレイヤーを使用すると、あるレイヤーの不要な領域を「削除」できます。

Affinity Designerでは、次の2つのタイプのマスキングが可能です:ピクセルマスキングとベクトルマスキング。

前のピクセルマスク
後のピクセルマスク
[ピクセルマスキング]: 消去ツールと同様のタスクを実行しますが、1つ大きく異なるのは、ピクセルマスクはいつでも変更したり、さらには破棄したりすることもできる点です。
ベクトルマスク前
ベクトルマスク後
[ベクトルマスキング]: ラインまたはシェイプのアウトラインに合わせて切り抜かれた別のオブジェクト上のマスクとしてラインまたはシェイプを使用します。

元のデータを破壊しないマスキングの効果

マスクは個別のレイヤーとしてデザインに適用されるため、自由に編集や移動ができます。マスクレイヤーは、同じ親レイヤー内にある下位のオブジェクトすべてに影響を与えます。個々のオブジェクトにクリッピングして、そのオブジェクトのみに影響を与えることもできます。

ピクセルペルソナ消去ブラシツール ペイントブラシ ピクセルマスクをベクトルレイヤーに追加するには:
  1. [レイヤー]パネルで、適切なベクトルレイヤーを選択します。
  2. ピクセルペルソナに移動します。
  3. 次のいずれかを行います。
    • 「消去」するには、[消去ブラシツール]を使用してページのペイントを行います。ペインティングにマスクレイヤーが作成されます。
    • マスクを「復元」するには、[ペイントブラシツール]を使用してページのペイントを行います。白の塗りつぶしは完全に復元されますが、グレースケールの塗りつぶしは異なる量だけマスクを部分的に復元します。
マスクレイヤー 空のマスクレイヤーを作成するには:
ピクセルマスクを編集するには:
  1. [レイヤー]パネルで、マスクレイヤーを表しているマスクサムネイルを選択します。
  2. 上述のツールを使用してペイントを行います。
ピクセルマスクプロパティを変更するには:
クリッピングされたマスクレイヤーを有効/無効にするには:
ベクトルマスクを追加するには:
  1. 塗りつぶされたベクトルオブジェクト(ラインまたはシェイプ)を描画すると、そのオブジェクトがマスクになります。
  2. 次のいずれかを行います。
    • [レイヤー]パネルで、作成したオブジェクトエントリを別の「ターゲット」オブジェクトのサムネイル上に直接ドラッグします。
    • マスクされるオブジェクトがマスキングオブジェクトのすぐ下にある場合は、を押しながらオブジェクトをクリックして[下のレイヤにマスクを使用]を選択します。

ターゲットオブジェクトのサムネイルが、マスクおよび切り抜きが適用されたことを示すために変化します。

オブジェクトのマスクは、「上位オブジェクトに合わせて切り抜き」の操作で適用されます。

マスクを削除するには:
  1. [レイヤー]パネルで、マスクのサムネイルを選択します。
  2. を押します。
  3. を押します。

関連項目: