ドキュメントおよび画像を開く

以前保存したAffinity Designerドキュメントを開くだけでなく、(カメラ、モバイルデバイス、デジタルアートワークからの)ラスター画像やベクトル画像(SVG)を開くことができます。また、一連の一般的なカメラのraw画像やその他の本格的なデザインファイルフォーマットも開くことができます。

一連のAffinity製品の重要な機能は、作成に使用した元のAffinity製品が何であれ、どのAffinity製品でもあらゆるAffinityプロジェクトファイルをシームレスに開けることです。これにより、保存時のファイルの互換性を気にせずに、別のAffinity製品の機能を使用してデザインを強化できます。

ドキュメントまたは画像を開くには:
  1. 次のいずれかを行います。
    • [ファイル]メニューから、[開く]をクリックします。
    • 空のビューで任意の場所をダブルクリックします(他のドキュメントを開いていない場合に、標準モードでのみ利用できます)。
  2. 必要なファイルを選択し、[開く]をクリックします。
最近使用したドキュメントを開くには:
画像を新規ドキュメントとして開くには(Finderを使用):
  • Finderを開き、ファイルをワークスペースのページ外の領域にドラッグします。
画像を新規ドキュメントとして開くには(エクスプローラを使用):
  • エクスプローラを開き、ファイルをワークスペースのページ外の領域にドラッグします。
レイヤーに画像を追加するには(Finderを使用):
  1. [レイヤー]パネルで、「ターゲット」レイヤーを選択します
  2. 画像をFinderからページにドラッグします。画像が選択したレイヤーに追加されます。
Adobe PDFファイルを開くには:
  1. [ファイル]メニューから、[開く]をクリックします。
  2. PDFオプションダイアログで、次の項目を選択できます。
    • 特定のページまたはすべてのページのインポート
    • PDFコンテンツの解像度の設定
    • PDFコンテンツに使用する、ドキュメントの色空間。[推定]オプションは、PDFファイルの色空間を識別して、その色空間を使用します。
    • 正確なデザインの再現を犠牲にしてテキストをより編集可能な状態に維持するかどうか
    • テキストを流し込めるように、別々のテキストラインを1つのテキストフレームとして扱えるようにするかどうか
    • 不足フォントを類似の代替フォントで代用
ドキュメントテンプレートを開くには:
  1. [ファイル]メニューから、[開く]をクリックします。
  2. 必要な.aftemplateファイルを選択し、[開く]をクリックします。

関連項目: