ドキュメントテンプレート

ドキュメントテンプレート

ドキュメントテンプレートには、再利用可能なテキストスタイル、グラフィックス、レイアウトが含まれ、ファイルを開いてすぐに使用できます。

ドキュメントテンプレート

ドキュメントテンプレートについて

Affinity Designerを使用すると、通常プレースホルダーピクチャフレームおよびテキストを含むドキュメントテンプレートを作成(書き出し)して開くことができます。テンプレートには.aftemplateファイル拡張子が付いています。

テンプレートを保存すると、優先されるデフォルトのセットがテンプレートとともに保存されます。テキスト属性、オブジェクトプロパティ、ストローク/塗りつぶしのカラー、ルーラーおよび列ガイド、さらにグリッドの設定などをテンプレートに関連付けることができます。

[新規ドキュメント]ダイアログから、既存のドキュメントテンプレートを参照、プレビュー、検索でき、ターゲットテンプレートフォルダの設定もできます。

テンプレートフォルダは、プレースホルダーが多数あるファイルを書き出す前に「ターゲット」フォルダを確立します。印刷チームが管理ドキュメントのプールにアクセスできる、グローバルにアクセス可能な場所にテンプレートを保存すると便利です。

ターゲットテンプレートフォルダを設定するには:
  • [新規ドキュメント]ダイアログで、左側から[テンプレート]を選択して、[フォルダを追加]をクリックします。

ファイルブラウザウィンドウが表示され、フォルダの場所を指定できます。

ファイルをテンプレートとして保存するには:
  • [ファイル]メニューから、[テンプレートとして書き出し]を選択します。

ポップアップダイアログが表示され、名前の入力とテンプレートの場所の選択を求められます。デフォルトでは、以前に設定したターゲットテンプレートフォルダが使用されます。別のフォルダに移動してから書き出すと、移動先の新しいフォルダの場所がその後の書き出しに使用されます。

テンプレートからドキュメントを作成するには:
  • [新規ドキュメント]ダイアログで、左側から[テンプレート]を選択して、使用可能なテンプレートのいずれかをクリックして選択します。
  • ダイアログの右側に、テンプレートの拡大プレビューが表示されます。テンプレートをダブルクリックするか、[作成]をクリックして、テンプレートからタイトルなしの新しいドキュメントを作成します。
テンプレートフォルダを削除するには:
  • [新規ドキュメント]ダイアログで、左側から[テンプレート]を選択して、[フォルダを削除]をクリックします。

関連項目: