メッシュのワープ

メッシュのワープでは、他の領域に影響を与えることなく、画像の特定の領域をゆがめることができます。これを使用して、劇的なワープエフェクトを実現したり、顔の特徴について微妙なレタッチを集中的に行ったりすることができます。

前
後
画像のワープ処理

メッシュのワープについて

メッシュのワープツールでは、柔軟性の高いメッシュグリッドが提供され、グリッドのライン、ノード、およびパッチを再配置することによって、画像のワープ処理を行うことができます。下のピクセルは、ライン、ノード、またはパッチに従って変換されます。実行するワープ処理の程度は、グリッドの複雑さによって決まります。

ほとんどの人が最初はラインのないメッシュグリッドから始めますが、独自のラインやノードを追加すると、ワープ処理が簡単になります。ワープ処理の適用先の画像の領域に隣接してラインを配置します。

メッシュのワープツール メッシュを作成するには:
  1. 左側の[ツール]パネルから[メッシュのワープツール]をクリックします。
  2. メッシュグリッドの端をダブルクリックします。上端の場合は垂直線、左右の端の場合は水平線が作成されます。
  3. 必要なラインの数だけ繰り返します。
グリッドにノードを追加するには:
グリッド内の複数のノードを選択するには:

次のいずれかを行います。

ワープ処理を適用するには:
  1. (省略可能) コンテキストツールバーで、[モード]オプションを使用して、グリッドだけを操作するか(「ソース」)、またはグリッドと画像の両方を同時に操作するか(「デスティネーション」)を設定します。
  2. ノード、ノードのコーナーハンドル、ライン、またはパッチをドラッグします。パッチのワープ処理は、メッシュのラインに含まれる領域内でクリックし、その円をドラッグすることで実行できます。これによって、領域全体にワープ処理が適用されます。
  3. [適用]を選択するか、を押します。

関連項目: