レタッチ

レタッチテクニックは、ブラシベースのツールを利用して、カラーと色調を集中的に調整します。

調整レイヤとは対照的に、レタッチブラシでは、選択されているピクセルレイヤに変更を適用し、それによってレイヤ上の個々のピクセルに影響を与えます。

レタッチブラシを使用すると、画像およびピクセルレイヤの編集において精密な作業を行うことができます。たとえば、写真内の影の領域を明るくしながら、他の領域には影響を与えないようにするには、覆い焼きブラシツールが最適です。

次のレタッチブラシを使用できます。

覆い焼きブラシツール 覆い焼きブラシツール

覆い焼きは、ブラシストロークの下の露出を調整して、ペイントした領域を明るくします。これは焼き込みと反対のエフェクトになります。

焼き込みブラシツール 焼き込みブラシツール

焼き込みは、ブラシストロークの下の露出を調整して、ペイントした領域を暗くします。これは覆い焼きと反対のエフェクトになります。

スポンジブラシツール スポンジブラシツール

スポンジ処理では、ブラシの下にあるカラーの彩度を増減できます。

ぼかしブラシツール ぼかしブラシツール

ぼかしは、ブラシストロークの下のピクセル間のコントラストを低減して、それによってペイントした領域のエッジをソフトにします。これはシャープ化と反対のエフェクトになります。ぼかしでは、スマッジのように、ペイントした領域内のカラーがにじむことはありません。

シャープ化ブラシツール シャープ化ブラシツール

シャープ化は、ブラシストロークの下のピクセル間のコントラストを増加して、それによってペイントした領域のエッジを強調します。これはぼかしと反対のエフェクトになります。

メディアンブラシツール メディアンブラシツール

ペイントされたピクセルがブレンドされ、ストロークの下のノイズが低減されます。

スマッジブラシツール スマッジツール

スマッジは、画像内のピクセルをブレンドすることのできる技法です。このブラシは、クリックポイントからカラーを「ピックアップ」して、それをブラシストロークの方向に「ドラッグ」します。

レタッチブラシを使用するには:
  1. [レイヤー]パネルを使用して、作業するピクセルレイヤーを選択します。
  2. [ツール]パネルから、レタッチブラシツールを選択します。
  3. このツールは、デフォルトではソフトな円形ブラシを使用します。別のブラシスタイルを使用するには、[ブラシ]パネルから選択します。
  4. コンテキストツールバーで、ブラシの値を必要な値に変更します。
  5. 画像上でドラッグして、ブラシストロークの下にエフェクトを適用します。

関連項目: