レイヤーマスキング

レイヤマスクは、レイヤの一部分を表示しつつレイヤの残り部分を非表示にするために使用します。つまり、マスクレイヤを使用すると、あるレイヤの不要な領域だけを「削除」できます。

Affinity Photoでは、次の2つのタイプのマスキングが可能です。

ピクセルマスクのグレーグラデーションは、さまざまな方法で使用できます。例:

元のデータを破壊しないマスキングの効果

マスクは個別のレイヤーとして適用されるので、編集や移動を自由に行うことができます。マスクレイヤーは、レイヤーパネル内にある下位のレイヤーすべてに影響を与えます。個々のレイヤにクリッピングして、そのレイヤのみに影響を与えることもできます。あるいは、マスクレイヤをレイヤグループに追加して、そのグループのみに影響を与えることもできます。

マスクレイヤー マスクレイヤーを作成するには:

次のいずれかを行います。

マスクレイヤー 明度マスクを作成するには:
  1. [レイヤー]パネルで、を押した状態でレイヤーのサムネイルをクリックします。
  2. [レイヤー]パネルで、を押した状態でレイヤーのサムネイルをクリックします。
  3. [レイヤー]パネルで、[マスクレイヤー]をクリックします。
消去ブラシツール ペイントブラシ ピクセルマスクを編集するには:
  1. [レイヤー]パネルで、マスクレイヤーを表しているマスクサムネイルを選択します。
  2. 次のいずれかを行います。
    • マスクから「消去」するには、[消去ブラシツール]を使用してページのペイントを行います。
    • マスクを「復元」するには、[ペイントブラシツール]を使用してページのペイントを行います。白の塗りつぶしは完全に復元されますが、グレースケールの塗りつぶしは異なる量だけマスクを部分的に復元します。
    • グラデーションマスクを適用するには、[ツール]から[グラデーション]ツールを選択し、レイヤー上でドラッグ操作を行います。コンテキストツールバーからグラデーションカラーの調整を行います。
ピクセルマスクを調整するには:
  1. [レイヤー]パネルで、マスクのサムネイルを選択します。
  2. [レイヤー]メニューから、[マスクの調整]を選択します。
チャンネルの反転 ピクセルマスクを反転するには:
  1. [レイヤー]パネルで、マスクのサムネイルを選択します。
  2. 次のいずれかを行います。
    • [レイヤー]メニューから、[反転]を選択します。
    • [チャンネル]パネルで、マスクのアルファチャンネルエントリをクリックし、[反転]を選択します。
    • +Iを押します。
ピクセルマスクプロパティを変更するには:
ピクセルマスクを個別に表示/編集するには:

標準のビューに戻すには、サムネイルをクリックするか、を押します。

ピクセルマスクを非表示/表示の状態にするには:
ベクトルマスクを追加するには:
  1. ベクトルコンテンツを追加します(ラインまたはシェイプを描画するか、テキストを追加します)。
  2. [レイヤー]パネルで、作成したベクトルコンテンツのレイヤーを別の「ターゲット」レイヤーのサムネイル上に直接ドラッグします。ターゲットレイヤのサムネイルは、マスク(および切り抜き)が適用されたことを示すために変化します。
消去ブラシツール ピクセルマスクをベクトルコンテンツに追加するには:
  1. [レイヤー]パネルで、ベクトルコンテンツを持つレイヤーを選択します。
  2. [消去ブラシツール]を使用してページのペイントを行います。

    デフォルトでは、アシスタントにより、ペイントストロークを収容するためのレイヤマスクが選択レイヤに追加されます。マスクの設定後は、[ペイントブラシツール]を使用してマスクを「復元」できます。

マスクを削除するには:
  1. [レイヤー]パネルで、マスクのサムネイルを選択します。
  2. を押します。
  3. を押します。

関連項目: