チャンネルの使用

画像またはドキュメントのカラーモードにより、使用できるカラーチャンネルの数とタイプが決まります。それぞれのチャンネルは、特有のカラー情報を持ち、他のチャンネルと組み合わせることで、フルカラー画像になります。たとえば、赤チャンネルには、RGBカラーモードの赤色の情報のみが格納されます。

チャンネル情報は、[チャンネル]パネルに表示されます。

カラーモードとチャンネル

それぞれのカラーモードで使用できるチャンネルは、次のとおりです。

画像およびレイヤーチャンネル

画像のチャンネルが読み込まれると、必ずチャンネルパネルにそのチャンネルが表示されます。画像チャンネルでは、次の操作を行うことができます。

現在選択されている任意のレイヤー(ピクセル、マスク、調整、またはライブフィルター)について、そのレイヤーのチャンネルが画像チャンネルの下に表示されます。各レイヤーのチャンネルでは、次の操作を行うことができます。

アルファチャンネル

チャンネルパネルには、画像全体あるいは現在選択されているピクセル、マスク、調整、またはライブフィルターの各レイヤーのアルファチャンネルも表示されます。これらのチャンネルは、透明度の情報を格納しているので、高度なマスキング制御での使用に適しています。

ピクセル選択範囲

アルファチャンネルを使用するもう1つの利点は、その他の方法では再作成が困難であったり時間がかかったりする複雑な選択範囲を格納できることです。チャンネルパネルには、現在のピクセル選択範囲がチャンネルエントリとして表示されるので、そのピクセル選択範囲から「新しい」スペアチャンネルを作成することで、今後使用するための選択範囲を格納できます。

ピクセル選択範囲とマスク

アルファチャンネルには、選択範囲とマスクの両方が格納されるため、チャンネルパネルは、マスクと選択範囲の間で操作を行うための中心的な場所になります。

ブレンド範囲

現在のレイヤーの特定のカラーチャンネルをどのように下位のレイヤーとブレンドするかを制御できます。詳細については、レイヤーのブレンド範囲をご覧ください。

表示可能なチャンネル 画像チャンネルを表示/非表示の状態にするには:
編集可能なチャンネル 画像チャンネルを保護して編集できないようにするには:
現在のレイヤーのチャンネルからマスクレイヤーまたはグレースケールレイヤーを作成するには:

新規レイヤーは、[レイヤー]パネルに追加されます。

チャンネルの反転 レイヤーのチャンネルを反転、クリア、または入力するには:
選択範囲をアルファチャンネルとして保存するには:

選択範囲は、チャンネルパネルの一番下に新しい「スペアチャンネル」エントリとして格納されます。

関連項目: