スナップ

スナップを使用すると、領域やコンテンツをほかのコンテンツやページ要素(ガイド、ページの端など)に「くっつける」ことによって、切り抜き領域、選択領域、およびレイヤーコンテンツ(ピクセルまたはベクトル)を簡単に配置できます。

正確な切り抜き領域と選択領域のためのスナップ

上記の領域を正確に作成するため、スナップを使用して、あらかじめ配置したガイドまたはページの端に領域を配置することができます。

切り抜き領域または選択領域を、そのエッジが配置済みのガイドに合うまでドラッグするだけです。

ベクトルライン、シェイプ、およびテキストのスナップ

スナップによって、画像、ブラシストローク、ライン、シェイプ、および選択領域は、近くのグリッドライン、ガイド、マージン、スプレッド、またはこれらの組み合わせに合わせて配置されます。また、オブジェクトの境界ボックス、シェイプ上のキーポイント、およびオブジェクトのジオメトリにスナップすることもできます。テキストを別のテキストのベースラインにスナップすることもできます(テキストフレームの1行目のみ)。

スナップ動作がわかるように、オブジェクトにスナップする場合は、カラーの動的ガイドとターゲットノードが表示されます。使用されるカラーは次のとおりです。

スナップ候補

スナップ候補は、スナップ可能なオブジェクトです。候補の作成方法は、次の設定項目を使用して設定できます。

スナップ スナップを有効/無効にするには:
スナップを一時的に無効にするには:
レイヤー/オブジェクトがスナップ候補にならないようにするには:

ベクトルレイヤーのスナッププリセット

スナップオプションについては、強力で包括的なセットを利用できます。スナップをすばやく簡単に設定するため、作業方法に従って推奨のスナップオプションをグループ化したスナッププリセットから1つを選択することができます。

スナップ スナッププリセットを選択するには:
  1. [スナップ]オプションの矢印をクリックします。
  2. [プリセット]ポップアップメニューから、プリセットを選択します。
スナップ スナッププリセットをカスタマイズするには:
  1. [スナップ]オプションの矢印をクリックします。
  2. 新しいスナップオプションの基にするプリセットを選択します。
  3. 個々のオプションをオン/オフして、現在のプリセットのオプションを上書きします。

オプションはすぐに適用されます。

プリセットメニュー 今後使用するためにカスタムプリセットとして保存するには:
  1. [プリセット]ポップアップメニューの隣にあるボタンをクリックします。
  2. [プリセットの作成]を選択します。

カスタムプリセットはすぐに適用されます。

ベクトルレイヤーのスナップオプション

個々のスナップオプションは、ニーズ、描画スタイル、および作業中のプロジェクトに合わせてオン/オフを切り替えることができます。最初に採用したプリセットを、プロセス中にカスタマイズすることになります。

ポップアップダイアログから次のオプションを利用できます。

関連項目: