カーブとシェイプの変換

オブジェクトと同様、カーブのノードやシェイプも変換できます。

変換前のノード
変換後のノード

ノード変換は、選択されているノードの周囲に選択ボックスを形成することで機能します。すると、その選択ボックスの変換をオブジェクトの選択ボックスの場合と同じように行えます。その結果、カーブまたはシェイプの形状変更をさまざまな方法で行う変換プロセスによってノードどうしの相対的な位置が変化します。

ノードツール 変換モード 複数のノードを変換するには:
  1. ノードツールを使用して、カーブまたはシェイプ上のノードを1つ以上選択します。
  2. コンテキストツールバーで、[変換]セクションの[変換モード]を有効にします。
  3. サイズ変更、回転、歪曲の操作は、選択ボックスのハンドルを使用してカーブまたはシェイプに対して直接行うか、絶対的な精度が必要な場合は変換パネルを使用して行います。
シェイプを変換して単純なゆがみエフェクトを実現するには:
  1. シェイプのノードを2つ選択します。
  2. 変換モードに入ります。
  3. を押したまま、いずれかの選択ノードを内側または外側にドラッグします。

これは、長方形のような単純なシェイプに対して特に有効です。

シェイプのパースペクティブ

関連項目: