グローバルカラー

グローバルカラーを作成し、デザイン内のさまざまなオブジェクトに適用することができます。後からそのカラーをデザイン全体にわたって変更する場合、スウォッチパネルでグローバルカラーを編集するだけで、自動的に同時にすべてのオブジェクトを新しいカラーに更新できます。

グローバルカラーについて

グローバルカラーは、単色の塗りつぶし、ストローク、またはグラデーション塗りつぶしに使用されるカラーとして適用できます。RGB、CMYK、HSL、LAB、グレースケール、または色合いの各カラーモードで作成できます。

グローバルカラーが、スウォッチパネル内の現在選択されているドキュメントパレットに追加されます。ドキュメントの最初のグローバルカラーを作成したときに、ドキュメントパレットが存在しない場合は、カラーを格納する新しいドキュメントパレットが自動的に作成されます。作成後、そのグローバルカラーをデザインに適用できます。

現在のカラーをグローバルカラーとしてパレットに追加 既存のオブジェクトからグローバルカラーを作成するには:

次のいずれかを行います。

パネル環境設定 グローバルカラーを一から作成するには:
  1. [スウォッチ]パネルで、パレットのポップアップメニューからドキュメントパレットを選択します。ドキュメントパレットが存在しない場合は、パネルの[パネル環境設定]メニューからドキュメントパレットを作成できます。
  2. [パネル環境設定]から、[グローバルカラーを追加]を選択します。
  3. ダイアログで設定を調整します。
  4. [追加]をクリックします。
既存のカラースウォッチをグローバルカラーに変換するには:
  1. [スウォッチ]パネルで、ポップアップメニューからドキュメントパレットを選択します。
  2. 表示されたスウォッチをクリックし、[グローバルに変換]を選択します。
グローバルカラーを編集するには:
  1. スウォッチパネルで、選択したカラースウォッチをクリックし、[塗りつぶしを編集]を選択します。
  2. ダイアログからカラーを選択します。

そのグローバルカラーを使用しているすべてのオブジェクトが自動的に更新されます。

関連項目: