オブジェクトを選択

ベクトルオブジェクトを移動または変更する前に、選択する必要があります。

オブジェクトを選択

様々な方法を使用して、1つまたは複数のオブジェクトを選択できます。すでにオブジェクトを選択している場合は、zオーダー(スタック)で次または前のオブジェクトすばやく選択できます。

シェイプを作成すると、異なるシェイプを作成する際にさまざまなシェイプサイズを収容するベースボックスが設定されます。コンテキストツールバーの[選択ボックスを切り替え]オプションを使用して、手動で厳密な境界ボックスに切り替えることができます。

[すべてのレイヤーを編集]および[すべて選択]

[すべて選択]コマンドの動作は、[レイヤー]パネルの[すべてのレイヤーを編集]の設定に応じて異なります。

[同一を選択]および[オブジェクトを選択]

[同一を選択]コマンドは、現在選択されているオブジェクトの属性に一致するドキュメント内のすべてのオブジェクトを選択します。塗りつぶしカラー、境界線カラー、塗りつぶし&境界線カラー、境界線の重み、透明度、描画モード、シェイプ、名前、またはタグカラー別に一致させることができます。この強力な選択方法により、デザインに一度に一括変更を加えることができます(たとえば、非グローバルカラーを共有するオブジェクトからグローバルカラーを使用するオブジェクトに変換するなど)。

同一の塗りつぶしを選択
オブジェクト全体で同じ塗りつぶしカラーを選択します。

[オブジェクトを選択]コマンドは、ドキュメント内で一致するタイプのすべてのオブジェクトを選択します。たとえば、すべてのグループ、シンボル、アートテキスト、アートボード、ピクセルレイヤー、塗りつぶされていないオブジェクト、透明なオブジェクト、ストロークのある/ないオブジェクトなどを選択できます。

ストロークされたオブジェクトを選択
ストロークが適用されたオブジェクトを選択します。

両方のコマンドは互いに連携して機能するため、最初に各塗りつぶしカラーのすべてのレイヤーをグループ化し([同一を選択]を使用)、次にグループ化されたすべてのレイヤーを選択して([オブジェクトを選択]を使用)、たとえば画像でレイヤーを効果的に整理できます。

すべてのレイヤーを編集 [すべてのレイヤーを編集]の切り替えを行うには:
移動ツール オブジェクトを選択するには:

次のいずれかを行います。

移動ツール 複数のオブジェクトを選択するには:

次のいずれかを行います。

レイヤー内のすべてのオブジェクトを選択するには:
ページ上のすべてのオブジェクトを選択するには:
グループ内のオブジェクト(またはグループ)を選択するには:
現在選択しているオブジェクトと、選択した属性を共有しているオブジェクトすべてを選択するには、次の手順に従います。
特定のタイプのすべてのオブジェクトを選択するには:

関連項目: