画像スタック

元のデータを破壊しない画像スタックでは、同一シーンまたはほぼ同一の被写体に基づいて一連の画像をブレンドします。一連の画像間の視覚的な差異は、削除または合成されるか、あるいは創造的なエフェクトとして使用されます。

画像スタックについて

画像スタックは次の用途に使用できます。

スタックオペレータについて

実現する内容に応じて、各種のスタックオペレータをスタックに適用できます。メジアンは、オブジェクトの除去、露出の合成(露出のブレンド)、ノイズ軽減など、ほとんどのブレンド操作に使用できます。

スタックを作成するには:
  1. [ファイル]メニューから、[新規スタック]を選択します。
  2. ダイアログから[追加]をクリックし、ブレンドする画像を探して選択します。[開く]をクリックして、画像をスタックリストに追加します。
  3. (省略可能) あとで[レイヤー]パネルから手動で画像の位置を合わせるには、[自動的に画像の位置を合わせる]をオフにします。
  4. 自動位置合わせが適切に行われるように、メニューからパースペクティブ操作またはスケーリング操作を選択します。パースペクティブ操作では、各画像にパースペクティブ調整が適用され、スケーリング操作では、画像レイヤーの位置やサイズが変更されます。
  5. [ライブ位置合わせ]をオンにして、上記のパースペクティブ調整が元のデータを破壊せずに実行されるようにします(スタックされる画像のサイズと数によっては、パフォーマンスに影響のある場合があります)。
  6. [OK]をクリックします。

画像がブレンドされ、[レイヤー]パネルのライブスタックグループに提示されます。自動位置合わせが100%正確でない場合は、手動でレイヤーの位置合わせを行うことができます。

スタックオペレータ スタックオペレータを変更するには:
  1. [レイヤー]パネルで、ライブスタックグループのスタックオペレータアイコンをクリックします。デフォルトのオペレータは、アイコンで示されているとおり、メジアンです。
  2. ポップアップメニューから、スタックしている写真のタイプに合うスタックオペレータを選択します(上記参照)。選択したオペレータに応じてアイコンが変わります。

関連項目: