画像サイズの変更(スケーリングとリサンプリング)

Affinity Photoには、ドキュメントまたは画像のピクセル寸法およびプリント解像度を変更するオプションがあります。

画像の「サイズ」は、スケーリングまたはリサンプリングによって変更できます。これらは個別に行うことも同時に行うこともできます。

スケーリング

スケーリングは、特定のプリント解像度を画像のメタデータに埋め込んで、指定のDPI(例: 300dpi)でのプリントが強制的に行われるようにします。画像のピクセル寸法は影響を受けません。

リサンプリング

リサンプリングでは、次のいずれかが行われます。

画像のリサンプリングを行う際には、次のオプションがあります。

リサンプリングは、次の目的で実行されることがあります。

画像をスケーリングするには:
  1. [ドキュメント]メニューから、[ドキュメントのサイズ変更]を選択します。
  2. [リサンプル]オプションがオフになっていることを確認します。
  3. [DPI]を変更して、ドキュメントがプリントされる際の1インチあたりのプリントピクセル(ドット)数を制御します。本格的なプリントでは、大きな値を設定します(例: 300dpi)。
  4. [サイズ変更]をクリックします。

この手順は画像のメタデータのみに影響を与えるので、ページ上の画像に変化が見られることはありません。

画像をリサンプリングするには:
  1. [ドキュメント]メニューから、[ドキュメントのサイズ変更]を選択します。
  2. [リサンプル]オプションがオンになっていることを確認します。
  3. [サイズ]ボックスに新しいドキュメントの寸法(左のボックスに幅、右のボックスに高さ)を入力します。
    • サイズの幅と高さを個別に変更するには、[サイズ]ボックスの間にあるロックアイコンをクリックします(ロックが解除されます)。
  4. (省略可能)測定単位を変更する場合は、[単位]ポップアップメニューで別の測定単位を選択します。新しい測定単位に合わせてルーラーが更新されます。
  5. [DPI]を変更して、ドキュメントがプリントされる際の1インチあたりのプリントピクセル(ドット)数を制御します。本格的なプリントでは、大きな値を設定します(例: 300dpi)。
  6. ポップアップメニューから[リサンプル]の方法を選択します。
  7. [サイズ変更]をクリックします。

関連項目: