32ビットOpenEXRサポート

Affinity Photoは、マルチチャネル(マルチレイヤー)のインポートと書き出しなど、OpenEXR 32ビットドキュメントを完全にサポートしています。

OpenColorIOとの統合

OpenColorIO設定(詳細についてはOpenColorIOを参照)使うと、有効なカラースペースアフィクスを持つOpenEXRドキュメント(filename_acescg.exrなど)は、インポート時にそのカラースエペースからscene_linearに変換されます。

その他の設定

その他のOpenEXRオプションは、[環境設定]メニューの[カラー]オプションで使用できます。

マルチチャンネルインポート/書き出し

Photoは、マルチチャネルOpenEXRドキュメントのインポートと書き出しの両方をサポートしています。

マルチチャネルのインポート:

マルチチャネルの書き出し:

マルチチャネルOpenEXRの例
マルチチャネルOpenEXRドキュメントがどのようにインポートされるかを示す例です。
マルチチャネルOpenEXRドキュメントを書き出すには:
  1. [ファイル]メニューから、[書き出し]を選択します。
  2. 書き出し形式としてEXRを選択します。
  3. [プリセット]ドロップダウンから、[OpenEXR 32-bitリニア(レイヤー付き)]を選択します。
  4. (省略可能)[その他]ダイアログにアクセスして、マルチレイヤー設定を指定します。
    • [不明なチャンネルを含める]—タイプを確認できないチャネルも、単一の輝度ベースのチャネルとして書き出します。
    • [圧縮]—ファイルのサイズを減らすために使用する圧縮形式を指定します。圧縮は、完全に無効にすることもできます。
    • [画像のピクセル数]—画像チャネル(RGBAなど)を16ビット(半精度)でエンコードするか、32ビット(単精度)でエンコードするかを選択します。
    • [空間のピクセル数]—空間チャネル(XYZなど)を16ビット(半精度)でエンコードするか、32ビット(単精度)でエンコードするかを選択します。
    • [その他のピクセル数]—その他の/未確認のチャネルを16ビット(半精度)でエンコードするか、32ビット(単精度)でエンコードするかを選択します。
  5. [書き出し]を選択して、ドキュメントを指定のファイル名でディレクトリに書き出します。

関連項目: