OpenColorIOの使用

Affinity Photoでは、32ビット編集サポートに加えて、フルにカラー管理されたワークフローを提供するカラーマネジメントシステムとしてOpenColorIOも実装しています。これは主に映画製作に使用されていますが、正確なエンドツーエンドのカラーマネジメントが必要となるあらゆる状況で使用できます。

OpenColorIOの設定

デフォルトでは、PhotoのOpenColorIO機能をすぐに使用することはできません。.ocio設定ファイルと、ルックアップテーブルなどのサポート用ファイルが必要です。

OpenColorIO Webサイト(http://www.opencolorio.org)には、アカデミーカラー(ACES)設定など適切な入出力プロファイルのサンプル設定があります。

PhotoでOpenColorIOを設定するには:
  1. 選択したOpenColorIO設定をフォルダにダウロードして抽出します。
  2. [Affinity Photo]メニューから[環境設定]を選択します。
  3. [編集]メニューから、[環境設定]を選択します。
  4. [カラー]タブで[OpenColorIO設定ファイル]の下にある[選択]を選択し、抽出したディレクトリに移動します。.ocio設定ファイルを選択します。
  5. [OpenColorIO検索フォルダ]の下にある[選択]をクリックし、抽出したディレクトリを選択します(.ocio設定ファイルを選択した後は現在のディレクトリとしてすでに強調表示されています)。
  6. アプリケーションの再起動を求めるメッセージが表示されます。OpenColorIO設定を有効にするには、アプリケーションを再起動する必要があります。

OpenColorIOの使用

Affinity Photoでは、次の2種類の方法でOpenColorIOを使用できます。

OCIO調整

ロール - scene_linearからユーティリティ - リニア - sRGBへのOCIO調整レイヤー。

関連項目: