照明エフェクト

照明機能は、1つ以上の光源からの照明を再現します。

前
後

照明について

照明エフェクトは、周辺光による照明、ポイント照明、指向性照明、およびスポット照明をデザイン内で再現します。より高度な照明制御を行うために、単一の光源を追加の光源によって補うことができます。異なる光源タイプを組み合わせて使用でき、画面上のハンドルを使用してそれぞれを個別に設定および配置できます。

また、Affinity Photoでは、任意の画像に備わっているテクスチャから作成された3Dバンプマップに基づいて照明エフェクトを作成できます。

ソースのタイプ

ソースのタイプが違えば、得られる結果も大きく異なってきます。タイプの違いがよくわかるように例を示しています。

照明エフェクトは、元のデータを破壊しないライブフィルターとして適用できます。これは、[レイヤー]メニューの[新規ライブフィルターレイヤー]カテゴリからアクセスできます。

設定

ダイアログで調整できる設定は、次のとおりです。

3Dバンプマップの場合:

スポットライトを適用するには:
  1. [フィルター]メニューで、[照明]を選択します。
  2. [タイプ]ポップアップメニューから[スポット]を選択します。
  3. 「ファン」の形の先端にある画面上ハンドルをドラッグして、ライトの距離と方向を調整します。
  4. (省略可能)中央線に沿いにあるエレベーションハンドルをドラッグして、ページ面からスポットライトまでの高さを設定します。
  5. (省略可能)ファンの端にある外側ハンドルと内側ハンドルをドラッグして、それぞれ外側円錐と内側円錐を設定します。
ポイントライトを適用するには:
  1. [フィルター]メニューで、[照明]を選択します。
  2. [タイプ]ポップアップメニューから[ポイント]を選択します。
  3. 中央ハンドルを被写体の上でドラッグして、デフォルトのポイントライトの位置を変更します。
  4. 円のエッジを内側または外側にドラッグして、ページからのライトの距離を設定します。
指向性ライトを適用するには:
  1. [フィルター]メニューで、[照明]を選択します。
  2. [タイプ]ポップアップメニューから[指向性]を選択します。
  3. 照明パネルで、[向き]ダイアル内にある十字形をドラッグします。
3Dバンプマップを読み込むには:
  1. 照明パネルで、[バンプマップの読み込み]をクリックし、画像を参照して選択します。
  2. [OK]をクリックします。
  3. [テクスチャ]を調整して、表示されるテクスチャの量を設定します。

関連項目: