書き出しペルソナ 書き出しペルソナを使用した書き出し

書き出しペルソナは、レイヤー、グループ、およびオブジェクトを書き出しスライスとしてファイル形式や画像サイズを同時に変えて書き出しするための専用ワークスペースです。カスタム描画スライスを書き出しすることもできます。

動作のしくみ

書き出しペルソナは、スライスを作成するためにパネルやツールを組み合わせて使用します。スライスとは、ドキュメントから出力するために選択する書き出し領域です。

書き出しペルソナでは、レイヤーパネル、書き出しオプションパネル、およびスライスパネルを組み合わせて使用します。スライスツールは、カスタムスライスを作成するために使用する、書き出しペルソナ独自のツールです。

レイヤーパネルの使用

この[レイヤー]パネルは、描画ペルソナのレイヤーパネルとは異なります。スライスの作成に使用できるレイヤー、グループ、またはオブジェクトを選択するための準備場所としてのみ使用され、[スライス]パネルに追加されます。

レイヤーパネル項目をスライスとして書き出しすると、選択されている項目の範囲と見なされる領域に合わせて、スライスのサイズが自動的に設定されます。スライスの右上にある円形のシンボルは、そのスライスのサイズが自動設定されていることを示します。スライスのサイズを変更した場合、シンボルの形は、スライスが変更されたことを示す正方形に変化します。レイヤーパネル項目から作成されてサイズが変更されたスライスは、いつでも「自動サイズ設定」の状態にリセットできます。

書き出しオプションパネルの使用

[書き出しオプション]パネルを使用すると、デフォルトの書き出し設定や、スライス作成の前に現在選択されている項目の設定をセットアップできます。

スライスパネルの使用

[スライス]パネルには、このパネルから直接書き出し可能な状態にある(レイヤーパネルまたはスライスツールから取得された)すべてのスライスが格納されます。作成された各スライスには、作成時に関連付けられた初期書き出し形式(PNG、JPG、SVGなど)と、必要に応じてスライス単位で付与される追加の書き出し形式があります。書き出し形式ごとに、書き出しできるサイズスケーリングや絶対サイズが異なります。

[スライス]パネル内のファイル名を使用して、書き出しファイルを保存するフォルダ階層を指定(または作成)することができます。この指定にはスラッシュ記号(/)を使用します。

たとえば、ヒーローの画像をimgフォルダ内のassetsフォルダに保存するには、assets/img/heroと指定します。

この階層に存在しないフォルダが含まれている場合は、[スライスを書き出し(n)]を使用してスライスが書き出しされるときに、指定した階層どおりにフォルダが作成されます。

スライスツールの使用

スライスツールを使用すると、すべてのサイズの書き出し領域をドキュメントのあらゆる部分にわたって十分な自由度で作成できます。

デフォルトの書き出しオプションを設定するには:
  1. [書き出しオプション]パネルで、[デフォルト]タブを選択します。
  2. 設定の調整を適宜行います。
  3. 終了したら、[選択]タブに戻ります。

次のスライスの作成時には、この設定が使用されます。

スライスを作成 スライスツール 書き出し ドキュメントの領域を画像として書き出しするには:
  1. 次のいずれかを行います。
    • [レイヤー]パネルで、レイヤー、グループ、またはオブジェクトを選択し、[スライスを作成]をクリックします。
    • [スライスツール]が選択されている状態で、ページ上をドラッグして、書き出し領域を定義します。
  2. 次のいずれかを行います。
    • [書き出しオプション]パネルで、書き出し設定を適宜調整します。
    • [スライス]パネルに移動し、スライスのエントリを展開して、書き出し形式を変更するか、ポップアップメニューから[書き出しプリセット](PNG、JPEG、およびApple アイコンのデザインプリッセットのみ)を選択します。
  3. (省略可能) [スライス]パネルで、書き出し形式のエントリの下にある[+]アイコンをクリックして、別のグラフィック書き出し形式を追加します。
  4. (省略可能) [スライス]パネルで、書き出しサイズのエントリの下にあるインデントされた[+]アイコンをクリックして、解像度の増加レベル(2倍、3倍など)を書き出し形式に追加します。
  5. 次のいずれかを行って、書き出しの対象を制御します。
    • [クリックしてこの項目のすべての形式を書き出しする]を選択します。
    • [クリックしてこのサイズを書き出しする]を選択します。この操作により、スライスが指定の書き出し形式と指定のサイズで書き出しされます。
    • [スライスを書き出し(n)]をクリックして、スライスパネルでチェックしたすべてのスライスについてすべての形式とサイズを書き出しします。
  6. 書き出し画像用の保存フォルダを参照して選択し、[書き出し]をクリックします。
  7. (省略可能)[スライス]パネルで、ドキュメントが後で変更された場合に書き出し領域を自動的に再書き出ししたい場合は、[連続]を選択します。このオプションは、上記の[スライスを書き出し(n)]が選択されている場合にのみ使用できます。
スライスツール レイヤーから作成された手動サイズ変更済み書き出し領域の寸法をリセットするには:
  1. [スライス ツール]で、サイズが変更された書き出し領域を選択します。
  2. コンテキストツールバーで、[自動サイズに戻す]を選択します。

関連項目: