取り消し、やり直し、履歴の使用

間違いがあった場合や、結果が気に入らない場合に、ファイルの変更を簡単に復元できます。

ドキュメントに加えた変更は、履歴パネルに保存されます。その後、このパネル、またはキーボードショートカットを使用して、編集内容を取り消すことができます。また、最近取り消した編集をやり直すこともできます。

このパネルを使用すると、履歴内のあるステップに戻ってそのステップから編集を続行した場合に、別の方法では失われる、やり直し履歴を元に戻すことができます。この操作は、後で気が変わった場合や、やり直し履歴を編集操作によって誤って削除してしまった場合に行うことがあります。履歴内には2つのブランチが作成されます。

変更の取り消しややり直しを行うには:

次のいずれかを行います。

ルートに戻るには:
履歴をドキュメントとともに保存するには:
  1. [ファイル]メニューから、[履歴をドキュメントとともに保存]を選択します。
  2. [履歴付きで保存]ダイアログで、[はい]をクリックして、ダイアログに記載された条件に同意します。
  3. ドキュメントを保存します。
以降のステップを切り替え やり直し履歴を元に戻すには:
履歴パネルの環境設定を設定するには:
  1. [Affinity Photo]メニューの[環境設定]をクリックします。
  2. [編集]メニューの[環境設定]をクリックします。
  3. [パフォーマンス]をクリックします。
  4. [取り消し回数上限]のスライダを左にドラッグすると保存される変更の数が減り、右にドラッグすると保存される変更の数が増えます。
  5. [閉じる]をクリックします。

関連項目: