ラインとシェイプについて

ベクトルラインおよびシェイプを描画する際には、ペンおよびシェイプツールを使用する必要があります。ラインやシェイプの編集は、描画時にノードツールまたはを使用して行います。

ラインの例

結合されたベクトルラインおよびシェイプの例

ライン

ラインには、ノードと呼ばれる個別の始点と終点があり、1つ以上のノードがそのライン全体に沿って配置されます。ノードは、それぞれのラインセグメントやセグメントの形状の区切りとなります。

セグメントのタイプ

ノード間のセグメントは直線状(A)または曲線状(B)のどちらか。複数のセグメントで構成された複雑なカーブ(C)

ノードのタイプによって、カーブがセグメント間でどのように形成されるかが決まります。ノードには、次の3つの基本タイプがあります。

ノードのタイプ

カーブを描画する際には、ノードの任意の組み合わせを使用して望ましいカーブを作成できます。

スマートおよびベジェカーブの場合、描画時に1つまたは2つの制御ハンドルが各ノードに割り当てられます。ベジェカーブの場合、制御ハンドルの長さとスロープによってラインセグメントの形状が決まります。スマートカーブでは、ノードの前後に最適にフィットするカーブが形成されるように制御ハンドルの位置が自動的に設定されます。

制御ハンドル

シェイプ

シェイプとは、複数のカーブで形成された閉じたカーブであり、始点や終点の区別はありません。

カーブを閉じる

また、シェイプツールを使用すると、幾何学的タイプのシェイプを簡単に作成できます。これらのシェイプには、円、長方形、ポリゴンなどのシェイプの迅速な作成を可能にする固有のプロパティがあります。こうしたプロパティなしには、円、長方形、ポリゴンといったシェイプを描画することは困難です。

関連項目: