特殊文字およびグリフ

特殊文字およびグリフは、コンピュータにインストールされたフォントからテキストに追加できます。メニューから追加するか、[グリフブラウザ]パネルを使用するか、選択した挿入位置でUnicode/グリフコードを挿入します。

特殊文字や記号は、[テキスト]メニューおよび[編集]メニューからテキストに挿入できます。これらの文字には、改行、非改行スペース、および著作権記号と商標記号も含まれます。

特殊文字は、[テキスト]メニューからテキストに挿入できます。これらの文字には、改行、ダッシュ、さまざまなスペース、およびハイフンが含まれます。

[テキスト]メニューの[文字を挿入]フライアウトから、次の文字を追加できます。

[グリフブラウザ]パネルを使用して、グリフ、Unicode文字、または代替文字を含むUnicode文字を挿入できます。グリフ/Unicode文字コードに詳しい場合や参考資料がある場合は、入力済みの16進数コードを表示されている文字に切り替えることによって、これらの文字をテキストに直接挿入できます。

特殊文字を追加するには:
  1. テキストの挿入位置をクリックします。
  2. [編集]メニューから、[絵文字と記号]を選択します。
  3. ポップアップダイアログの左側にあるアイコンをクリックして、カテゴリを選択します。
  4. 表示された記号をダブルクリックして、挿入位置でテキストに追加します。
ブラウザからグリフ/Unicode文字を挿入するには:
  1. テキストの挿入位置をクリックします。
  2. [表示]メニューから、[スタジオ]>[グリフブラウザ]を選択します。
  3. ポップアップメニューオプションからフォント、フォントスタイル、サブセットを選択します。
  4. グリフをダブルクリックして、挿入位置でテキストに追加します。
16進数コードを使用してグリフ/Unicode文字を直接挿入するには:
  1. テキストで挿入位置をクリックします。
  2. 次のいずれかを行います。
    • グリフの場合:「G+」と入力して、16進数コードを入力します(例: 「02F5」または「2F5」)。
    • Unicode文字の場合:「U+」と入力して、16進数コードを入力します(例: 「0040」、「040」、または「40」)。
  3. Uを使用して、コードから表示されている文字に切り替えます。同じコマンドを使用して16進数コードに戻します。文字の最後に挿入位置を維持します。
  4. +Uを使用して、コードから表示されている文字に切り替えます。同じコマンドを使用して16進数コードに戻します。文字の最後に挿入位置を維持します。

関連項目: