段落の書式設定

段落の書式設定

段落の書式設定では、段落レベルで適用されるテキスト属性を記述します。

段落の書式設定には、段落全体または文章全体にのみ適用できる、配置、行間、インデントなどの属性が含まれています。

このタイプの書式設定は、アーティスティックテキストにも適用できますが、フレームテキストのほうが適しています。

段落の書式設定は、テキスト(またはテキストオブジェクト)が選択されている状態で、コンテキストツールバー、[テキスト]メニュー、および[段落]パネルから設定できます。

段落パネルにアクセスするには:

次のいずれかを行います。

  • テキストが選択されている状態で、コンテキストツールバーの 段落 [段落]をクリックします。
  • [テキスト]メニューから、[段落を表示]を選択します。
  • [表示]メニューから、[スタジオ]>[段落]を選択します。
新規タブ位置の追加 タブ位置を追加するには:

[段落]パネルの[タブ位置]セクションで、次の操作を行います。

  1. 入力ボックスを使用して、タブ位置間隔を設定します。
  2. [新規タブ位置の追加]をクリックします。

新しいタブ位置が段落に追加され、[タブ位置]セクション内の左側に表示されます。上記の手順を繰り返して複数のタブ位置を追加すると、前に追加したタブ位置からタブ位置間隔が計算されます。

選択タブ位置の削除 タブ位置を変更および削除するには:

[段落]パネルの[タブ位置]セクションで、次のいずれかを行います。

  • リストに表示されているタブ位置をダブルクリックし、新しい値を入力してタブ位置を調整します。
  • リストに表示されているタブ位置を選択し、[配置][リーダー]、またはその両方を設定します。
  • リストに表示されているタブ位置を選択し、[選択タブ位置の削除]をクリックしてタブ位置を削除します。

関連項目: