裁ち切りの設定

本格的な印刷では、アートワークを断裁できるように、裁ち切りによって印刷可能な領域をページの端よりも拡大します。ドキュメント設定時に裁ち切りを設定すれば、裁ち切りガイドが表示されるので裁ち切りの範囲をデザイン面から考慮することがより容易になります。また、印刷時またはエクスポート時に裁ち切りを出力に含めることができるようになります。

裁ち切りガイド

配置された画像がスナップした3 mmの裁ち切りガイド。

本格的な印刷でトリミング処理のずれを許容するには、これらの要素を「トリム端」(トリムボックス)の外側に、つまり[ドキュメント設定]で定義したページサイズの外側にはみ出すように配置することをお勧めします。

裁ち切りガイドは、視覚的な補助に過ぎませんが、トリミングされたページの端に表示する「裁ち切り」要素(一般的には画像)を配置する際に役立ちます。裁ち切りガイドをオンにすると、裁ち切りで指定した長さだけ拡大された印刷可能領域を表示できます。

[PDFのエクスポートまたは印刷]ダイアログの[裁ち切りを含める]設定では、裁ち切り部分が実際の出力ページサイズに含まれます。

出力時の裁ち切り

PDFのエクスポートで有効化され、裁ちトンボの外側にはみ出している裁ち切り。
新しいドキュメントの裁ち切りを設定するには:
裁ち切り設定を変更するには:
  1. デフォルトのコンテキストツールバー(または[ファイル]メニュー)から、[ドキュメント設定]を選択します。
  2. [裁ち切り]タブから裁ち切り値を変更します。
裁ち切りガイドを表示するには:

裁ち切りガイドが、選択されたにじみ値分だけページ端の外側にはみ出した、白いアウトラインとして表示されます。

スナップ オブジェクトを裁ち切りガイドにスナップするには:

[スプレッドにスナップ]オプションは、ページ端とにじみに均等にスナップします。

エクスポート時ににじみマークをオンにするには:

次のいずれかを行います。

関連項目: