筆圧感知

Affinity Designerは、ペンタブレットや感圧タッチ(Force Touch)を利用できるデバイスを使用して、実際に筆圧を感知する描画やペインティングを行う場合に高い柔軟性を提供します。マウスやトラックパッド(感圧タッチ以外)を使用する場合は、Affinity Designerがシミュレーションされた筆圧感知を提供します。

Affinity Designerは、ペンタブレットを使用して、実際に筆圧を感知する描画やペインティングを行う場合に高い柔軟性を提供します。マウスを使用する場合は、Affinity Designerがシミュレーションされた筆圧感知を提供します。

ベクトルベースのペン、鉛筆、ブラシのツールを使用していても、ピクセルベースのブラシやレタッチツールを使用していても、デバイスを接続するだけですぐに利用できます。

マウスのユーザーは、Affinity Designerによってデフォルトでマウスが速度に対応できます。同じブラシツールを使用できますが、マウスの移動速度に基づいて筆圧感知をシミュレーションします。

この自動応答は、ブラシコントローラによって管理され、デフォルトで児童に設定されます。入力デバイスの種類を検知して、ペイント時に特定の入力に従って、ブラシのサイズ、流量などを変えます。「筆圧」、「速度」、「ブラシのデフォルト設定」、または「なし」「なし」に設定すると、ブラシは常に固定のサイズ、流量などになります。それ以外の場合は、ブラシストロークのプロパティは、量が最小から最大まで変わります(最大のブラシ幅など)

いずれかの入力から必要な応答を取得したら、ブラシの設定で筆圧/速度を細かく調整できます。

以前に描画したストロークに適用できるカスタム筆圧プロファイルを作成したい場合は、ストロークパネルでデザインと適用が行えます。これは、オプションでそのまま保存したり、保存前に変更したりできます。

筆圧プロファイルを作成するには:
  1. ストロークパネルで、[筆圧]入力ボックスをクリックします。
  2. 表示されたチャートを使用して、次のいずれかを行います。
    • どちらかの端点ノードを下にドラッグして、ストロークの幅をストロークの長さと共に一様に減少させます。
    • どちらかの端点ノードを2回選択して(またはを押して)から、そのノードを下にドラッグすると、その方向にストロークを先細にできます。ストロークは直線状に先細になります。
    • どちらかの端点ノードを下にドラッグし、プロファイルのライン沿いの途中でクリックすると、ノードを追加できます。このノードを上にドラッグすると、グラフの曲率に従ってストロークを先細にすることができます。
    • どちらかの端点ノードを下にドラッグし、プロファイルのラインに沿って繰り返しクリックすると、複数のノードを追加できます。これらのノードを垂直方向および水平方向に配置することで、幅が変化するストロークを形成できます。
  3. ペンまたは鉛筆のストロークの描画。

筆圧プロファイル

上記の指示に従って作成されたサンプル筆圧プロファイル(いずれも想定ストロークを重ね合わせたもの)。
筆圧プロファイルを保存するには:
カスタム筆圧プロファイルを選択されたプロファイルに適用するには:
  1. ストロークパネルから、[筆圧]オプションをクリックします。
  2. チャートの下からカスタムプロファイルを選択します。チャートが更新され、選択したプロファイルが表示されます。

カスタム筆圧プロファイル

関連項目: