オブジェクトのデフォルト設定

新規オブジェクトを作成する場合、最初の外観は、作成しようとする特定のオブジェクトのデフォルト設定によって決定されます。

これらのデフォルト設定は、現在のドキュメントで変更したり、今後のドキュメント用にグローバルに保存したりできます。また、いつでも出荷時の設定に戻すことができます。デフォルト設定の同期をとると、現在選択されているオブジェクトに基づいて新しいデフォルト設定を作成できます。デフォルト設定を保存したり、必要に応じて保存済みのデフォルト設定に戻したりすることもできます。

デフォルト設定を現在の選択範囲に同期 デフォルト設定を現在の選択範囲に同期させるには:
  1. デフォルト設定として保存したい属性を持つオブジェクトを選択します。
  2. ツールバーで、[選択範囲のデフォルト設定を同期]を選択します。

同期されたデフォルト設定により、このドキュメントに対して保存されたデフォルト設定のみがオーバーライドされます。これは、一連のデフォルト設定を保存せずに単一のドキュメントで一時的に使用するための効果的な方法です。

デフォルト設定を保存するには:

このドキュメントで使用されるデフォルト設定は、今後のすべてのドキュメントのグローバルなデフォルト設定になります。

元のデフォルト設定に戻す 同期されたデフォルト設定を保存済みのデフォルト設定に戻すには:
デフォルト設定を出荷時の設定にリセットするには:

関連項目: