レイヤーのブレンド範囲

レイヤーのブレンド範囲

ブレンド範囲は、下位レイヤーとブレンドされる、現在のレイヤー上にあるカラーの範囲を指定します。

ブレンド範囲について

ブレンド範囲を使用すると、レイヤーブレンドの階調値を下位レイヤーとどのようにブレンドするかを指定できます。影響を受ける階調値の範囲を設定したり、その範囲が任意のレベルの不透明度(不透明と透明の間)を持つように設定したりできます。

ブレンド範囲の例

ブレンド範囲の適用前と適用後

選択されているレイヤーとその下位レイヤーのブレンド範囲は、[ブレンド範囲]ダイアログで制御されます。

このダイアログ内で、個々のカラーチャンネルのブレンド範囲を変更できます。

ブレンドガンマとアンチエイリアシングについて(RGBドキュメントのみ)

ブレンド範囲ダイアログでは、選択されているレイヤーのブレンドガンマを調整できます。これにより、線形RGB色空間(1.0)、標準のsRGBブレンド(2.2)または3.0までの任意のガンマ値を使用してデザインを行うことができます。つまり、半透明のオブジェクトやアンチエイリアス処理されたエッジを持つオブジェクトの色調が下位のカラーとどのように相互作用するかを完全に制御できます。

ブレンドガンマの例

それぞれ線形RGB(1.0ガンマ)と標準のsRGBブレンド(2.2ガンマ)を使用した青い長方形

[アンチエイリアス]は、ピクセルグリッド上のラインのギザギザ感を軽減します。アンチエイリアス処理は、半透明のピクセルをライン沿いに追加して、ラインのエッジから背景オブジェクトへの変わり目をスムーズにすることで実現されます。こうした変わり目の領域は、アンチエイリアシングランプまたはアンチエイリアシングカバレッジと呼ばれることもあります。

ブレンド範囲ダイアログでは、選択したレイヤーのアンチエイリアシングランプ(カバレッジ)を調整したり、(該当する場合)アンチエイリアシングを他のレイヤーから独立して継承または設定する方法を制御したりできます。ワークフローを改善するために、親レイヤーに階層的にネストされた子レイヤーは、親レイヤーのアンチエイリアシング設定を自動的に継承できますが、アンチエイリアシングを適用するか無視するように強制できます。

アンチエイリアスカバレッジの例

それぞれ線形カバレッジマップとカスタムカバレッジマップによってアンチエイリアス処理されたライン(800%ズームのピクセルモードで表示)

設定

[ブレンド範囲]ダイアログでは、次の設定を使用できます。

次の設定は、[ブレンド範囲]ダイアログの[ソースレイヤー範囲][基になるコンポジション範囲]の両方で調整できます。

ブレンド範囲 ブレンド範囲、ブレンドガンマ、アンチエイリアシングランプを変更するには:
  1. [レイヤー]パネルで、レイヤーを選択してから[ブレンド範囲]をクリックします。
  2. ダイアログで設定を調整します。
  3. ダイアログを閉じます。
グラフを直接調整するには:

次のいずれかを行います。

  • ノードを水平方向にドラッグすると、影響を受けるピクセルが増加または減少します。
  • ノードを垂直方向にドラッグすると、選択されている階調値のピクセルの表示が影響を受けます。
  • カーブをクリックすると、さらにノードが追加されます。
  • クリックによってノードを選択してからを押すと、ノードは削除されます。
  • クリックによってノードを選択してからを押すと、ノードは削除されます。
アンチエイリアシングランプを変更するには:
  1. [カバレッジマップ]サムネイルをクリックします。
  2. 表示されているチャートで、プロファイルのライン上にあるノードを選択し、新しい位置まで垂直方向または水平方向にドラッグします。
  3. 必要に応じて、他のノードについても手順を繰り返します。
アンチエイリアシングランプを線形にリセットするには:
  1. [カバレッジマップ]サムネイルをクリックします。
  2. 表示されるチャートのポップアップダイアログで、[リセット]をクリックします。
カバレッジマップのプロファイルを保存するには:
  • チャートの下にある[プロファイルの保存]をクリックします。プロファイルがチャートの下に表示されます。
カスタムカバレッジマップのプロファイルを適用するには:
  1. [カバレッジマップ]サムネイルをクリックします。
  2. チャートの下からカスタムプロファイルのサムネイルを選択します。チャートが更新され、選択したプロファイルが表示されます。

関連項目: