シェイプのコーナー処理

コーナー処理を使用すると、閉じたシェイプのシャープなコーナー(とがった角)を選択的に丸めることができます。

コーナーの例

これは幾何学的シェイプや、ペンツールで描画された閉じたシェイプのコーナーの丸み付けに最適なツールです。このツールを使用すると、必要なときにコーナー処理を選択的に適用できます。コーナーがシャープであることが前提となるので、ポリゴン、星形、三角形などの幾何学的シェイプがコーナーの丸み付けの候補となります。

画面上の赤い「シェイプ処理」リングを使用すると、ドラッグ操作によってコーナーのサイズを制御できます。コーナーは、このリングの外周に沿って丸められるので、正確で申し分のない結果が得られます。リングは、シャープコーナーのノードをドラッグした場合にのみ表示されます。

コーナーツール 丸みの付いたコーナーを作成するには:
  1. [ツール]パネルから、[コーナーツール]を選択します。
  2. (省略可能)コンテキストツールバーの設定を調整します。
  3. 丸みを付けるシャープコーナーノードの上にマウスカーソルを置き、内側または外側にドラッグします。リングが表示されます。コーナーは、その周囲に沿って自動的に丸められます。ドラッグ量を増やすほど、半径が大きくなり、コーナーの丸み付けが顕著になります。
丸みの付いたコーナーを編集するには:
  1. シェイプを選択します。
  2. シャープコーナーノードをクリックします(コーナーはすでに丸められていますが、元のシェイプのアウトラインは保持されます)。
  3. 必要に応じて、リングの中心をドラッグしてコーナーのサイズを変更します。

関連項目: