グラデーション編集

塗りつぶしツールを使用すると、簡単なカラーグラデーションをオブジェクト全域に描画することができます。作成した塗りつぶしパスは、オブジェクトで直接編集できます。2つを超えるカラーをグラデーションパスに沿って導入したり、不透明度を高くしたり、追加したカラーの位置を変更したり、カラーの遷移を制御したりできます。グラデーションエディタを使用して、より複雑なグラデーションを適用することもできます。

カラーグラデーションの例

楕円形(グラデーションパスを表示中)、放射状、線形、円錐形パスの例。

塗りつぶしツールの使用

塗りつぶしツールを使用して、独自のグラデーションパスを、オブジェクトのストロークまたは塗りつぶしに適用できます。単色およびビットマップの塗りつぶしを適用することもできます。ツールのコンテキストツールバーを使用すると、線形グラデーションの塗りつぶしを放射状、楕円形、または円錐形に変更できます。

塗りつぶしツール塗りつぶしツールを使用するには:
  1. オブジェクトを選択します。
  2. [ツール]パネルから[塗りつぶしツール]を選択します。
  3. コンテキストツールバーの[コンテキスト]ポップアップメニューから[ストローク]または[塗りつぶし]を選択します。
  4. コンテキストツールバーの[タイプ]ポップアップメニューから塗りつぶしタイプを選択します。
  5. 以前選択した項目に応じて、オブジェクトのストロークまたは塗りつぶしの上にカーソルをドラッグします。

    を押したままにすると、グラデーションパスの角度が45°に制限されます。

グラデーションを(オブジェクト上で直接)変更するには:

[塗りつぶしツール]が選択されている状態で、グラデーション塗りつぶしが適用されているオブジェクトをクリックし、次のいずれかを行います。

グラデーションを(ツールのコンテキストツールバーで)変更するには:
  1. [塗りつぶしツール]が選択されている状態で、オブジェクトをクリックします。
  2. コンテキストツールバーで、カラースウォッチを選択します。
  3. [グラデーション]オプションをクリックすると、次の設定を使用してグラデーションを変更できます。
    • [タイプ]—グラデーションのタイプ(線形、楕円形など)をポップアップメニューで決定します。
    • [位置]—グラデーションにおける端点の位置を0%(左端)から100%(右端)の値で制御します。50%は中央の点を表します。
    • [中間点]—選択されているカラーストップ(端点)から右側の端点にいたるまでのカラーのスプレッド(幅)を調整します。
    • [カラー]—色見本をクリックすると、ポップアップパネルが表示され、そこで選択されている端点のカラー(ノイズ値を含む)を変更できます。
    • [不透明度]—端点がどの程度まで透けて見えるかを示します。100%にすると完全に不透明になり、0%にすると完全に透明になります。
    • [挿入]—選択されている端点と右側の端点の間に新しい端点を追加します。この端点によってカラーの新しい位置が決まります。
    • [コピー]—選択されている端点を複製し、その端点を選択されている端点と右側の端点の間に配置します。
    • [削除]—選択されている端点をグラデーションから削除します。終点となっている端点を削除すると、パスの長さはその隣の端点まで短縮されます。
    • [反転]—グラデーションを鏡像のように反転します。

線形または放射状のグラデーション塗りつぶしを使用して傾斜オブジェクトをスケーリングする

線形または放射状のグラデーションで塗りつぶされたオブジェクトがシャーリング(傾斜)されるか、等角投影ペインに変換されると、追加の補正ポイントのペアが表示されます。

前
後

これらは、オブジェクトがスケーリングおよび傾斜されたときに、歪みのない傾斜されたオブジェクトの形状に自然に従う塗りつぶしを生成するのに役立ちます。

変換された塗りつぶしを従来のグラデーション塗りつぶしに変換するには:
  1. 補正用の端点をダブルクリックして、補正パスを削除します。

関連項目: