カラーについて

Affinity Designerでは、各種カラーモデルを使用してさまざまなカラー描写を表現できます。これらのモデル(RGB、CMYK、Lab、グレー)は、新規ドキュメントの作成時に選択できます。

カラー定義についてはインターネット上に詳しい解説があるので、このセクションでは、カラーモデルやそのモデルの色空間の設定方法とカラープロファイルによる色空間の表現方法のみを取り上げます。

デザイン時のカラーの選択に関しては、カラーパネルのHSLカラーホイールがデフォルトで、各種スライダーがオプションとして、Affinity Designerに用意されています。さらに、スウォッチパネルを使用すると、プリセットカラーや再利用のために「保存された」カスタムカラーに簡単にアクセスできます。

出力が必要になるまでカラーマネジメントに関与したくない場合は、推奨されるデフォルトのカラーフォーマットRGB/8とカラープロファイルsRGB IEC61966-2.1を使用して、新規ドキュメントを作成できます。

関連項目: