カラーモデル

画面上では、目に見えるカラーを作成するためにさまざまな量の光を使用します。物理的な世界では、カラーをページ上に生成するためにインクが使用されます。カラーは数値に変換して保存されます。使用される数値体系の記述には、カラーモデルが使用されます。

すべてのデバイスが同等のカラー表示機能を備えているわけではないので、カラーの色域(使用できる範囲)を定義するために色空間が使用されます。目的の出力デバイスに適した色空間内で作業することで、確実にカラーを意図したとおりに表示できるようになります。

Affinity Designerでは、新規ドキュメントの作成時に、CMYKまたはLabによるカラーマネジメントが行われたエンドツーエンドのワークフローを利用できます。

カラーモデルについて

カラーを数値として表す方法はカラーモデルごとに異なります。Affinity Designerで作業する際には、次の4つのモデルのうち1つを選択できます。

RGBモデル

RGBモデルは、加法的なカラーモデルです。光の三原色である赤、緑、青をさまざまな度合いで組み合わせて、スペクトル内のその他のカラーを作成します。

model_rgb

RGBカラーモデルの説明図。このモデルは、デジタルカメラや電子的なディスプレイの内部でも利用されています。

CMYKモデル

CMYKモデルは、減法的なモデルです。シアン、マゼンタ、イエローを組み合わせて個々のカラーを作成します。また、4番目のインクであるブラックは、さらなる制御のために使用され、単独で純粋な黒として使用したり、他のインクと組み合わせてリッチブラックとして使用したりできます。

model_cmyk

CMYKカラーモデルの説明図。3つのカラーを組み合わせると黒になります。色調をさらに制御するために、ブラックは個別のカラーとしても追加されています。

Lab

Labカラーは、人間の視覚の理論的範囲を表現するために3つのチャンネルを使用します。それらは、明るさ(L)と、「赤-緑」(a)と「黄-青」(b)という反対色による2つのチャンネルです。このモデルは、創造的に使用すると非常に便利なことがあります。特に、明るさは色相や彩度を一切変更することなく調整できます。

model_lab

反対色によるLabカラーモデルの説明図。明るさ(L)は、2つのカラーチャンネル(a、b)とは別々に制御されます。
新規ドキュメントのカラーモデルを選択するには:
移動ツール ドキュメントのカラーモデルを任意の時点で変更するには:
  1. [ファイル]メニューから、[ドキュメント設定]を選択しして、[カラードキュメント設定]タブに移動します。
  2. [カラーフォーマット]ポップアップメニューから、上述の使用可能なモデルのいずれかを選択します。
  3. Designerにより、古いフォーマットの各カラーが新しいカラーに変換されます。その結果、カラー/ピクセルの値が変化する可能性があります。

関連項目: