テキストスタイルの削除

選択したテキストまたはドキュメント全体からテキストスタイルを分離することができます。また、ドキュメントからテキストスタイルを完全に削除することもできます。

テキストスタイルを分離または削除する場合、検討すべきことがいくつかあります。次のいずれに当てはまるか確認してください。

それぞれの分離方法または削除方法によって、ドキュメント内のテキストおよびテキストスタイルに対する影響は異なります。必要とする結果に応じて、次のいずれかの方法を選んでください。

スタイルが適用されているテキストからテキストスタイルを分離し、テキストをデフォルトの設定に戻すには:
  1. テキストの一部を選択するか、段落内をクリックします。
  2. 次のいずれかを行います。
    • コンテキストツールバーで、テキストスタイルポップアップメニューから[スタイルなし]を選択します。
    • [段落]パネルまたは[文字]パネルで、テキストスタイルポップアップメニューから[スタイルなし]を選択します。
    • [テキストスタイル]パネルで、段落または文字の[スタイルなし]を選択します。
オプションメニュー スタイルが適用されているテキストからテキストスタイルを分離し、テキストを現在の書式設定のままにするには:
  1. テキストの一部を選択するか、段落内をクリックします。
  2. [テキストスタイル]パネルで、テキストスタイルのオプションメニューをクリックし、[段落の分離]または[文字の分離]を選択します。
段落と文字スタイルを適用したままで、手動で適用されたローカルの書式設定を削除するには:
  1. 段落内をクリックするか、影響を与える特定のテキストを選択します。
  2. [テキスト]>[テキストスタイルを再適用]を選択します。
段落スタイルを適用したままで、手動で適用されたローカルの書式設定と文字スタイルを削除するには:
  1. 段落内をクリックするか、影響するすべての段落のテキストを選択します。
  2. [テキスト]>[ベーススタイルを再適用]を選択します。
スタイルの削除 オプションメニュー ドキュメントからテキストスタイルを削除し、ドキュメント内でそのスタイルが適用されていたすべてのテキストをデフォルトの設定に戻すには:

次のいずれかを行います。

オプションメニュー ドキュメントからすべての関連付けられたテキストスタイルを削除し、ドキュメント内でそれらのスタイルが適用されていたすべてのテキストをデフォルトの設定に戻すには:
パネル環境設定 ドキュメントからすべてのテキストスタイルを削除し、テキストを現在の書式設定のままにするには:

関連項目: