[等角投影]パネル

[等角投影]パネル

[等角投影]パネルでは、オブジェクトをプレーン内に描画できる等角投影グリッドを作成し、2Dオブジェクトをプレーンにフィットさせ、プレーン間で平面オブジェクトを変換できます。

[等角投影]パネルについて

[等角投影]パネルでは、等角投影グリッド上に3つのプレーンをまたぐオブジェクトを描画し、編集できます。また、このパネルでは、選択したオブジェクト(シェイプ、テキスト、または画像)に適用できるいくつかの変換操作を実行できます。

[等角投影]パネルはデフォルトで非表示になっています。デザイナーペルソナまたはピクセルペルソナで作業中に、[表示]>[スタジオ]で、アセットスタジオの表示をオンに切り替えることができます。

等角投影パネル

[等角投影]パネル。

オプション

このパネルでは、次のオプションを使用できます。

現在のプレーン
  • 正面 [正面]—これを選択すると、正面にすべてのプレーン編集オプションが適用されます。
  • 側面 [側面]—これを選択すると、側面にすべてのプレーン編集オプションが適用されます。
  • 天面 [天面]—これを選択すると、天面にすべてのプレーン編集オプションが適用されます。
プレーン編集オプション
  • プレーン内編集 [プレーン内編集]—これを選択すると、作成されたすべてのオブジェクトが現在のアクティブプレーンに自動的にフィットします。
  • プレーンに合わせる [Fit to plane]—選択した2次元オブジェクトまたは別のプレーン上のオブジェクトを現在のアクティブプレーンにフィットさせます。
  • プレーン内で左右反転 [プレーン内で左右反転]—現在のアクティブプレーン内で選択したオブジェクトを左右反転します。
  • プレーン内で上下反転 [プレーン内で上下反転]—現在のアクティブプレーン内で選択したオブジェクトを左右反転します。
  • プレーン内で反時計回りに回転 [プレーン内で反時計回りに回転]—現在のアクティブプレーン内で選択したオブジェクトを反時計回りに90度回転します。
  • プレーン内で時計回りに回転 [プレーン内で時計回りに回転]—現在のアクティブプレーン内で選択したオブジェクトを時計回りに90度回転します。

関連項目: