[制約]パネル

[制約]パネル

[制約]パネルでは、さまざまなアートボードやサイズの異なるレイアウトに表示される際に、オブジェクトがどのような位置やスケールで配置されるかを制御できます。

[制約]パネルについて

制約は、異なるデバイスのデザインを同時に作成する場合に手間を削減でき、精度を維持できるため、便利です。選択したオブジェクトがサイズ変更や変換に反応します。

[制約]パネルでは、親オブジェクトのサイズ変更時に子オブジェクトがスケーリングされるのを防ぐことができます。また、子オブジェクトを親オブジェクトにアンカーすることもできます。スケーリングとアンカーはどちらも、子オブジェクトの上下左右に適用できます。

[制約]パネルはデフォルトで非表示になっています。デザイナーペルソナまたはピクセルペルソナで作業中に、[表示]>[スタジオ]で、アセットスタジオの表示をオンに切り替えることができます。

[制約]パネル

上と右にアンカーを適用し、水平方向のスケーリングをオン、垂直方向のスケーリングをオフにし、[最大フィット]を適用している[制約]パネル。

外側のボックスはコンテナ(親オブジェクト)を表します。内側のボックスはネストされているコンテンツ(子オブジェクト)を表します。

オプション

このパネルでは、次のオプションを使用できます。

関連項目: