文字パネル

文字パネル

[文字]パネルを使用すると、個々の文字、単語、文、段落、それに文章全体に局所的な書式設定を適用できます。

文字パネルについて

文字パネルの独自性は、次の機能を備えている点にあります。

文字パネル

文字パネル

次のパネルオプションを使用できます。

装飾
  • 下線—テキストを[下線なし]、下線付き、二重下線付きのいずれにするかを選択します。
  • [下線のカラー]—テキストの下線のカラーを設定します。「なし」に設定すると、下線のカラーはフォントのカラーと同じになります。ポップアップメニューから選択します。
  • 打ち消し線—テキストを[打ち消し線なし]、打ち消し線付き、二重打ち消し線付きのいずれにするかを選択します。
  • [打ち消し線のカラー]—テキスト打ち消し線のカラーを設定します。「なし」に設定すると、打ち消し線のカラーはフォントのカラーと同じになります。ポップアップメニューから選択します。
位置設定と変換
  • [カーニング]—文字間のカーニング(距離)を制御します。[自動]—デフォルトで文字の自動カーニングを行います。正の値はカーニング幅を拡大し、負の値はカーニング幅を縮小します。この設定はパーミル(全角スペースの千分の一)で表現されます。
  • [トラッキング]—文字の間隔を制御します。この設定はパーミル(全角スペースの千分の一)で表現されます。
  • [ベースライン]—文字が自然に行に置かれる場所を制御します。値を大きくするとベースラインは下がり、値を小さくするとベースラインは上がります。
  • [行間上書き]—選択されているテキストにローカルオーバーライドを適用し、段落の行間に基づいて行間を拡大します。
  • [傾斜]—テキストの傾きの程度を制御します。正の値にするとテキストは右に傾き、負の値にすると左に傾きます。
  • [横の倍率]—文字幅と間隔をポイント数に基づいて拡大します。
  • [縦の倍率]—文字をポイント数に基づいて拡大します。
  • [上付き文字]—テキスト文字を上付き文字に変換します。つまり、周囲の文字よりも位置が高くなるように設定し、フォントサイズを縮小します。
  • [上付き文字]—テキスト文字を上付き文字に変換します。つまり、周囲の文字よりも位置が高くなるように設定し、フォントサイズを縮小します。
タイポグラフィ
  • [標準合字]—選択されているテキストに使用可能な書体合字を適用します。
  • [文脈依存置換]—単語内での相対的な位置や近くにあるグリフに応じて、グリフで使用可能な代替の書体を適用します。
  • [序数]—序数の表記に含まれる文字に上付き文字を自動的に適用します。
  • [分数]—分数をシングルグリフに動的に変換します。
  • [上付き文字]—テキスト文字を上付き文字に変換します。つまり、周囲の文字よりも位置が高くなるように設定し、フォントサイズを縮小します。
  • [上付き文字]—テキスト文字を上付き文字に変換します。つまり、周囲の文字よりも位置が高くなるように設定し、フォントサイズを縮小します。
  • [すべて大文字]—選択したテキストをすべて大文字で([スモールキャップス]オプションが選択されている場合は、小型英大文字で)表示します。
  • [スモールキャップス]—小文字を小型英大文字で表示します。
言語
  • 言語を選択します(スペルチェックおよび参照用)。ポップアップメニューから選択します。
視覚的配置

視覚的配置は、ドキュメント内の特定の文字(句読点や特定の文字など)とテキストフレームとの位置関係を決定します。これは、テキストフレームがページのマージンにスナップする際に、特定の文字から始まるラインまたは特定の文字で終了するラインを自動的に延長するために使用できます。選択した文字を希望どおりに配置するには設定を調整します。

関連項目: