オブジェクトの整列

整列コマンドを使用すると、ページ上でオブジェクトの整列を正確に行うことができます。

整列の例

垂直方向の整列の適用前と適用後

設定

各設定の調整は、ツールバーの[配置]ポップアップパネルから行えます。

整列 オブジェクトを整列するには:
  1. 複数のオブジェクトを選択します。
  2. 次のいずれかを行います。
    • ツールバーで[配置]オプションをクリックし、ポップアップパネルで[次に揃える]オプションを設定して、[水平方向に揃える]または[垂直方向に揃える]オプションを設定します。[完了]をクリックします。
    • [レイヤー]メニューの[整列]サブメニューから、整列オプションを選択します。

次の設定は、常に選択範囲に関連した形で、コンテキストツールバーから調整できます。

すべてのレイヤーを編集 [すべてのレイヤーを編集]の切り替えを行うには:

配置ハンドル

配置ハンドルが有効になっている場合は、オブジェクトをドラッグすると配置ハンドルが表示され、ドキュメント内のほかのオブジェクトに合わせて位置を調整することによって、選択されているオブジェクトを正確に配置できます。配置ハンドルは、複数の選択されているオブジェクトのエッジや中心を別のページのオブジェクトやガイドに合わせる場合に特に便利です。

配置ハンドルを表示する選択範囲に配置ハンドルを追加するには:
  1. オブジェクト(1つまたは複数)が選択されている状態で、[移動ツール]をクリックします。
  2. コンテキストツールバーの[配置ハンドルを表示]を選択します。選択すると、選択されているオブジェクトの中央と端に配置ハンドルが表示されます。これらのハンドルの上にマウスカーソルを重ねると、フローティング状態のガイドラインがページ全域に表示されます。
  3. いずれか(中央または端部)の調整ハンドルを使用して選択済みオブジェクトをドラッグして、スプレッド上のページ要素に揃えます。精度を高めるために、この位置をスナップさせることができます。

関連項目: