Affinity WindowsアプリでのSurfaceペンの使用

Surfaceペンの使用

Microsoft Surfaceペンを使用して、Affinityアプリのユーザーインターフェースを操作し、クリエイティブツールを使用してペイントおよび描画できます。

ブラシダイナミクスの設定

Surfaceペンの筆圧と傾きを使用して、ブラシツールの属性を制御できます。

Affinityアプリとの統合

互換性のあるハードウェアでは、Surfaceペンの筆圧と傾きを使用してAffinityアプリに入力できます。たとえば、ブラシのダイナミクスを設定することにより、筆圧によってブラシのサイズを変化させ、傾きによって彩度を制御できます。

Surfaceペンを回転させて消しゴムを使用すると、Affinityアプリは現在のレイヤーにベクトルオブジェクトまたはラスターオブジェクトが含まれているかどうかを認識し、それぞれ接触領域をマスクまたは消去します。これは、ペルソナの切り替え、マスクレイヤーの作成、または[消去ブラシツール]の選択など、追加の手順を手動で実行する必要なく行われます。

Affinityアプリでツールの操作に指ではなくSurfaceペンを使用するには、[ツール]の設定で[タッチジェスチャのみ]をオンにします。

Surfaceペンを使用した筆圧と傾きによる入力

Surfaceペン入力にブラシ属性に割り当てるには:
  1. [ブラシ]パネルでブラシを選択します。
  2. [ブラシの編集]をクリックします。
  3. [ダイナミクス]を選択します。
  4. [サイズのジッター]の横にあるポップアップメニューが[筆圧]に設定されていることを確認します。必要に応じて、ジッターの量とランププロファイルを調整します。
  5. [彩度のジッター]などの別の属性の横にあるポップアップメニューを[ティルト]に設定します。必要に応じて、属性のジッターの量とランププロファイルを調整します。

関連項目: